20140202-180848.jpg

音楽の特性やジャンルなど音楽に関するメタデータを提供するGracenoteが、フランスの定額制音楽ストリーミングサービスDeezerと連携を発表しました。これによって、Gracenoteはデベロッパーが音楽データを使ってPCやモバイル上で利用できるDeezer音楽アプリ作りを支援していきます。

Gracenoteは4月5日、6日にパリで開催されるITと音楽のハッカソン「Music Hack Day Paris」でDeezer連携をプレビューします。

デベロッパーは、アーティスト名、ジャンルやムード、テンポなど音楽メタデータと連携しているGracenoteのAPIプラットフォームRhythmとMusicIDを活用して、音楽レコメンデーションなどを用いたDeezerの音楽アプリを開発することが可能になりました。

Your Love - Frankie Knuckles   www.deezer.com

Deezerは世界180カ国以上で音楽ストリーミングサービスを展開するフランスの企業で、SpotifyやRdioなどと競っています。Spotifyと同じフリーミアムモデルのビジネスを展開し、無料の「ディスカバリー」プランと有料の「プレミアム」プラン、「プレミアム・プラス」プランの3つの料金形態を提供しています。

先月Gracenoteと競合する音楽データソリューション企業Echo NestをSpotifyが買収しました。この買収劇によって、Echo Nestと契約していたRdioやRhapsodyは音楽レコメンデーションを別のソリューションから求める動きを見せ始めています。サービス提供国では最大規模のDeezerとの提携は、デベロッパーや音楽業界内でニーズが高まりつつある音楽ビッグデータの領域でGracenoteの重要度が増していく兆しかもしれません。

関連企業
Spotify、音楽ビッグデータ大手Echo Nestを買収:競合も導入する音楽レコメンデーション・プラットフォーム、APIは今後も無料提供

ソース
The Next Web

関連記事  ローンチ間近か!?定額制音楽サービスDeezer、米国担当CEOを任命
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ