Shazam_logo

ワーナー、ユニバーサル、ソニーの3大メジャーレコード会社が音楽アプリShazamに投資したことが明らかになりました。

複数の情報ソースによれば、ワーナーミュージックの親会社で投資家Len Blavatnik率いるAccess Industries、ユニバーサルミュージックのヴィヴェンディ、ソニー・ミュージック・エンタテインメントはそれぞれ300万ドル(約3億円)をShazamに出資します。Shazamの最も最近の企業価値は5億ドルでした。同意内容しだいで、メジャーレーベルはShazamの株式1%以下を取得します。

ワーナーミュージック、ユニバーサルミュージック、ソニーミュージックはSpotifyの株式を保有し、ユニバーサルミュージックはBeats Electronicsの株式14%を保有しています。またAccess IndustriesはBeatsの定額制音楽配信Beats Musicや、フランスの配信サービスDeezerに投資しています。

レコード会社も音楽を届けるチャネルとしてShazamを活用しています。ワーナーミュージックはShazamと提携して、アプリのフィード内でアーティストをプロモーションしたり、データを分析し話題の新人アーティストをいち早く見つける施策を始めています。

shazam_ios

Shazamは昨年から新規株式公開(IPO)の準備を進めていると噂され、時期は2014年内といわれてきました。今回の資金調達は、Shazamにとって小規模な額になります。昨年Shazamはメキシコの億万長者カルロス・スリムの通信会社America Movilから4000万ドル(約40億円), 2011年にはKPCBなどのVCから3200万ドル(約32億円)の大型出資を受けています。

音楽情報発見アプリとしてShazamはすでに業界最高水準の機能と実績を兼ね備えています。Shazamは現在ユーザー数4億5000万人以上、月間アクティブユーザー数9000万人以上で、200カ国以上で音楽認識アプリを提供しています。

ソース
Warner, Universal, Sony Buy Stakes in Music App Shazam(5/14 Wall Street Journal)

関連記事  ワーナーミュージックが音楽認識アプリShazamと戦略的提携、ビッグデータとA&Rが連携した新人発掘を目的とするShazamブランドのレーベルを立ち上げへ
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ