20140515-080717.jpg

サブスクリプション型音楽サービスSpotifyが、年内にブラジルでサービスを開始する可能性が高まってきました。

Spotifyは5月28日にプレス向けのイベントをサンパウロで開催する予定です。Spotify側は「現段階では噂に過ぎない」としてローンチに話題を否定していますが、プレスイベントではブラジルでのサービス開始を発表すると予測されます。現在Spotifyは招待制のトライアル版を始めています。

Spotifyは先月フィリピンでサービスをローンチし、これでサービス利用可能な国は56カ国になりました。Spotifyはまた、日本でもサービス立ち上げの準備をしていると言われていますので、日本でも本格的に開始する日が楽しみです。

南米最大の音楽市場ブラジルで人気の音楽配信サービスといえば、Rdio、Deezer、Muve Musicです。ブラジルは世界の音楽売上で2013年は8位の売上高 (2億5700万ドル)をあげています。最も驚異的なことといえば、成長率が前年比8.9%と大きく成長しています。

2013年、世界の音楽ストリーミング市場は前年から売上が50%以上増加し10億ドル規模に到達し、急成長を続けています。一方でデジタルダウンロードの売上が低下しており、今後も減少は続くと見込まれます。さらに当然なんがらフィジカルの売上は2桁台で減少しているため、大きく成長している分野は音楽ストリーミングサービスだけというのが世界の現状です。

【関連記事】
世界の音楽売上を数値で分析。日本は二桁減少、世界はデジタル音楽が主軸に移行
・定額制音楽配信サービスのSpotify、有料会員数が間もなく1000万人を突破か。ヨーロッパでのiTunes超えは時間の問題

ソース
Spotify To Launch in Brazil This Year (Updated) (5/14 Billboard)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材、記事執筆、市場リサーチ、音楽ビジネス、ストリーミング、音楽マーケティングに関するコンサルティングのご相談は、お問い合わせから、ご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ