image via

image via

音楽を聴くためのテクノロジーが進化したことによって、日常的に音楽と接する時間や方法が今までよりも変化してきました。

Edison Researchが初めてアメリカ人がどのメディアからどれくらいの時間音楽を聴いているのかに関する調査結果を発表しました。

レポート「Share of Ear」では、一般的なアメリカ人は1日約4時間5分の音楽を聴くという結果でした。内訳を見ると、ラジオが52%で最も高く、次いで所有している音楽コレクション(CD、ダウンロード、アナログレコード、テープ)が20%、SpotifyやBeats Music, Pandoraなど音楽ストリーミングサービスが12%、衛星ラジオが8%、ポッドキャストが2%、オーディオブックなどその他のメディアが2%でした。

 

140619-share-of-ear-listening

調査では13歳以上のアメリカ人約3000人を対象にしており、15分ごとの音楽の聴き方をトラックしています。Edison Researchの調査は音楽の聴き方をオンラインとオフライン両方でモニタリングした初の試みになります。

 

ソース
The Average American Listens to Four Hours of Music Each Day(6/19 SPIN)

関連記事  驚異的な人気! イギリスでアナログレコードの売上が過去10年最大に!ダフト・パンクやアークティック・モンキーズが好調
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ