via Flickr (Rego Korosi)

via Flickr (Rego Korosi)

YouTube音楽ビジネス担当の製品マネージャー、クリス・ラローサ(Chris LaRosa)がグーグルを去ることが、ウォール・ストリート・ジャーナルによって明らかになりました。ラローサの退職の理由は、スタートアップへの参画で、グーグルのスポークスパーソンもこの事実を認めています。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、ラローサの退職はYouTubeの音楽部門トップとしては音楽、サブスクリプション、ライブストリーミング担当製品ディレクターを2013年8月まで務めていたNikhil Chandhokに続いて過去12カ月内で二人目になることを指摘します。

二人の退職の理由は、YouTubeが1年以上をかけても有料音楽サービスをローンチできないことへの不満が原因にあると、事情に詳しい情報ソースは伝えています。

【関連記事】
YouTube、有料ストリーミングサービス開始で態度を軟化、インディーズレーベルと再交渉 | All Digital Music

YouTubeの定額制音楽配信サービス開始はさらに難航:不平等で強引な交渉戦略にインディーズレーベルが対立姿勢 | All Digital Music

ソース
YouTube Music’s Head Quits, a Setback to Paid Service (7/22 WSJ)

関連記事  「コーチェラ・フェスティバル」、YouTubeでのライブストリーミング中継を今年も実施、テレビ中継も開始
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ