linemusicteaser04

先週からティザーサイトが公開されて、「いつサービスが始まるの?」と気になる人が徐々に増えてきた、聴き放題の定額制音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」。

ティザーサイトで公開されたティザー動画の中には、わずかですがアプリの動作が見えるシーンが映っていたことから、どんなことができるのか、LINEと連携できるのか、などいろいろな予想が広まっていました。

そしてこの度LINEが新しいティザー動画を公開しました。

公開された最新動画の中では、よりサービスの詳細な内容と思われる画面が第一弾よりも多く映っています。どんなサービスになるのか、開始が気になりますね。

https://music.line.me/landing

LINEMUSIC_0608_01

再生している曲をタップすると、シェアメニューが。ここでLINEが選べる。

LINEMUSIC_0608_02

これで友達に曲が送れた。

LINEMUSIC_0608_03

送り手と受け手の画面を一緒に見てみる。LINEのメニューをタップしたら、曲がすぐにシェアされた。このスピード、速いね!

LINEMUSIC_0608_07

メニュー画面か?

LINEMUSIC_0608_06

これはプレイリスト機能? 個別アーティストの楽曲がランダムに並んでいます。

LINE MUSICに関する記事はこちら
・「LINE MUSIC」が謎のティザーサイトを公開中!サービスがちら見できるムービーも。サプライズで開始迫る?!
・間もなく開始する定額制音楽サービス「LINE MUSIC」に、ユニバーサルミュージック・ジャパンが資本参加を発表

LINEMUSIC_0608_04

LINE MUSICの情報や話題は、Twitterのハッシュタグ「#音楽をLINEしよう」でフォローができます。音楽をLINEするって、分かりやすいですね。

https://twitter.com/CKAY26/status/606804426263822337
Crystal Kayさん


JUJUさん


鹿野淳さん


藤田琢己さん


DJ YANATAKE


DJ MAYUMI


浜田ブリトニーさん


井上三太さん


あっくん

Unaさん(@unakinoco)が投稿した写真

https://twitter.com/Unakinoco/status/603887565213573122

アーティストやアルバム単位での楽曲再生、プレイリスト機能といった部分は、これまで日本にあったサービスと同じで、世界的なサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスと比べても大きな驚きとはいえません。ただLINE MUSICのユニークな点は、LINEのプラットフォームと深く連携している点が、他のサービスには無い付加価値として売りになりそうです。

日本ではこれまでもサブスクリプション型音楽サービスは存在しましたが、定着するのに苦戦してきました。

その問題解決の一つには、「音楽を聴く」リスナー体験をどれだけ増やせるか、がカギだと思っています。今の音楽ファンは音楽を聴くシチュエーションは昔のように自宅だけでなく、通勤中や勉強中、車内、ジム、待ち時間、オフィスなどあらゆる場所に広がりました。音楽ストリーミングサービスが拡がるほど、音楽は「所有する」コンテンツから、「アクセスする」コンテンツに代わっていきます。だから、多様化したユーザーの日常の中で、音楽体験をどう作るかは非常に重要になっていきます。

そこで、すでに日本や世界各地で日常的に利用されているLINEを採用することが、LINE MUSICの注目すべきポイントです。音楽と日常の「コミュニケーション」を掛けあわせるレベルまで落とし込み、音楽をいつでもどこでも手軽に触れるサービスとしてアクセスしやすくしてくれるはずです。

「音楽を聴かせる」ことよりも「音楽を聴いてもらう」ユーザー体験を作ることが重要ですよね。LINE MUSICだとユーザー登録は、LINEのIDが使えるかもしれないし。それだとすでに持っている人がすでに大勢いるので、手間も減るはず。LINEだと友人の追加もすぐに出来そうですし、使うハードルもだいぶ下がります。

詳しいサービスの内容や、気になる価格は、LINE MUSICから今後発表予定らしいです。音楽を聴く生活を楽しくしてくれるサービスが日本からも早く始まって欲しいですね。

ティザーサイト:https://music.line.me/landing
http://music-mag.line.me/ja/
https://www.facebook.com/linemusic.jp
https://twitter.com/LINEMUSIC_JP

ソース
LINE MUSIC

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ