世界的に人気のUltra Music Festivalの日本版「Ultra Japan」の開催が迫ってきました。

9月19〜21日の3日に渡って開催されるEDMフェスにはSkrillex、デヴィッド・ゲッタ、アーミン・ヴァン・ビューレン、Afrojack、Alessoといった世界トップのプロデューサー達がヘッドライナーとして来日することが発表されており、初開催の去年を凌ぐスケールのライブが期待できます。

今年のチケットは追加分も含めすでにソールドアウト。フェスの様子が気になるファンは、TwitterやInstagramで会場の様子を常にチェックすると思いますが、Ultra Japanではすでに海外のフェスでは定着している動画ライブ配信を行います。

ultrajapan2015_final2

そして今年のUltra JapanはYouTubeの公式チャンネルからの配信に加えて、LINEと組んでイベントの模様をスマホへライブストリーミングすることが発表されました。

LINEでUltra Japanを見る場合は、Ultra Japanをお友だちに追加するだけ。YouTubeで見る場合は、公式チャンネル「UMFTV」にアクセスしてください。当日はフェスからのパフォーマンスがライブ配信されるだけでなく、アーティストのインタビューなども同時に配信予定。配信スケジュールはUltra Japanの公式サイトやSNSをチェックしてみてください。

17年目に入った本家Ultra Music Festivalを始めUltraブランドのフェスは、参加アーティストが発表される以前からチケット発売と同時に無くなるほど人気のイベントです。UltraではTwitch、YouTube、Beatportなどの動画プラットフォームと協力して世界中にイベントの様子をライブ配信することで、美しいフェスムービーを各イベントごとに制作するなど、動画を活用して、ブランド力を高めてきました。音楽や写真だけでは伝わりにくい参加者の盛り上がりや会場の様子、ステージの派手な演出を動画で伝えることは、イベントへの期待やあこがれを高め、ファンの関心を年間を通じて盛り上げる効果を発揮しています。今年Ultra JapanをYouTubeやLINEで見た人の中からも来年参加したいと思う人やマイアミのUltraに参加したいと思う人が出てくると思いますが、関心を駆り立てる動画配信は、参加できない人に動画を見せるだけでなく言ってみればフェスのショーケースの役割を担っているとも言えるでしょう。

http://ultrajapan.jp/
https://twitter.com/ultrajapan/
https://instagram.com/ultrajapan/
https://www.facebook.com/UltraJapanOfficial/

ソース
Twitter(@ultrajapan)

関連記事  メタル・バンドのメタリカ、新作はメジャーレコード会社ではなく自主制作でリリース
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ