カントリー音楽の6人組バンド「Gunnar & the Grizzly Boys」の新曲「Could Be Me」のプロモーションは、Googleのテクノロジーを使ってこれまで誰も試したことのない変わった音楽PVを制作しました。

image via Google

なんとバンドはGoogleストリートビューを撮影する車の前に、トラックを走らせ、1枚1枚の画像撮影でちゃっかりバンドメンバーが映っている様子を動画にまとめています。それが、下の動画。

本当にこんなこと出来るのか? とネットで議論されています。この動画では種明かしはされていないのですが、YouTube動画の情報には、こんなコメントが記されています。

Gunnar and The Grizzly Boys – Could Be Me BUY IT HERE:https://itunes.apple.com/us/album/cou..
To protect our friends at Google who bent the rules to make this video possible (and their jobs), we can’t disclose when and where this was filmed.

http://www.gunnartunes.com/
https://www.facebook.com/grizzlyboys
http://www.youtube.com/user/grizzlyba…
http://robblisscreative.com/
https://www.facebook.com/robblisscrea…

Director of Photography:
Kevin Budzynski – http://whiskeyneat.net/

もちろんGoogleからは正式な回答はありません。。。

音楽プロモーション、特に動画を使ったプロモーション活動をする時には、オンラインやソーシャルで口コミされやすい話題を作ることが大事になります。このバンドは特に新しい技術を開発したり凄いウェブサイトを構築したわけではありません。ですが、既存の、しかもネットユーザーの多くが知っているデジタルサービスを上手く取り込むことで、興味を持ってもらいやすくしたり、人に教えたくなったりする流れを上手く作っていますね。ミュージシャンのプロモーションとして、参考になる事例です。

 

ソース

Band Hijacks Google Street View Car for Music Video(3/29 Mashable)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材、記事執筆、音楽ビジネスやマーケティングに関するコンサルティングなどのご相談は「お問い合わせ」またはメールでご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ