via The Guardian

米メディアAll Things Dによれば、Twitterが先週にローンチした音楽サービス「Twitter #Music」のプロジェクトリーダーを務めたケビン・トー(Kevin Thau)がTwitter社を退職したことが明らかになりました。

 

via AllThingsD

ケビン・トーの次の仕事場は、Twitter共同創業者の一人ビズ・ストーンが立ち上げたスタートアップ「Jelly」でチーフ・オペレーティング・オフィサーを努めます。

Twitter #Musicは、Twitterのフォロワーとの関係から新しい音楽との出会いを活性化してくれるソーシャルな音楽発見サービスです。現在iOSとウェブで利用が可能です。Twitter #musicは米国、カナダ、英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドの6ヶ国で利用ができ、徐々に各国での提供が予定されています。今後はAndroidアプリでの提供も予定されています。

Twitter #music (日本はまだですが…)(Twitter公式ブログ)

Twitter、音楽アプリ「Twitter #music」をiPhone、iPad向けに提供開始、早速使ってみました。
Twitterの音楽サービス「Twitter #music」で最も利用された音楽サービスはSpotify!なぜこのデータは重要か?

 

トーはTwitterが事業の黒字化に向けて最初に採用したB2Bのプロフェッショナルで、モバイル事業担当としてTwitterのエンジニアチームとデザインチームをまとめ上げ最初のモバイルアプリのローンチに携わりました。最終的には事業開発担当バイス・プレジデントとして、Blackberry向けアプリ開発、そしてiOSとTwitterの連携を統括してきました。

Twitter #Musicチームでは、プロジェクト開始から携わり、#Musicのコアになった音楽レコメンドサービス「We Are Hunted」の買収を最初に目を付けた一人だったそうです。Twitter #Musicチームは開発期間中、Twitter本社とは違う誰にも知らされない場所でひっそりと開発を進めてきたそうです。どれだけこのサービスを極秘に進めたかったかの真剣度が伺えます。

せめてAndroidが出るまでやらないのかと思いますが、順調もしくはそれ以上の大きな反響を集めてスタートしたTwitter #Musicですので、大きな仕事が終わったという達成感はあるでしょうね。それにしても最近Twitterは人の出入りが多いですね。。。

 

ソース
Twitter Music Chief to Depart for Jelly, Biz Stone’s New Startup(4/24 All Things D)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材、記事執筆、市場リサーチ、音楽ビジネス、ストリーミング、音楽マーケティングに関するコンサルティングのご相談は、お問い合わせから、ご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ