TikTokを運営する中国のByteDanceが、年内に独自のサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスをリリースするとして、アプリ開発を進めていると報じられた。

ブルームバーグは関係者情報として、ByteDanceはSpotifyやApple Musicなどと音楽市場で競争するためのアプリを早ければ今秋にローンチすると伝えている。ByteDanceのサブスクリプション型音楽サービスのターゲットは音楽新興市場で、すでにインドのレコード会社大手であるT-SeriesやTimes Musicとライセンス契約を締結している。

ByteDanceが音楽サービスに参入する背景には、膨大なTikTokユーザーによるサブスクリプション利用を促進する狙いがある。TikTokだけでなく、同じくByteDanceが運営するアプリのDouyinは共に、音楽コンテンツとの親和性も高いことはすでに証明済みで、今年に入り全米ビルボードチャート1位を獲得したLil Nas Xの「Old Town Road」は、TikTokで人気に火が付き、音楽ストリーミングでの再生、音楽チャートでの成功につながっている。

今後は、音楽業界とByteDanceがどのようなライセンス契約を結ぶのかに注目が集まる。ByteDanceはユニバーサルミュージック、ソニーミュージック、ワーナーミュージックの世界大手レコード会社との楽曲利用に関するライセンス契約が4月で切れるが、更新の交渉が進んでいないことが報じられた。TikTokは、以前に買収したショート音楽動画アプリ「Musical.ly」がレコード会社と交わしたライセンス契約を、買収後も引き継いできたとされる。2017年の買収当時、Musical.lyのユーザーはわずか500万人規模だったが、現在TikTokのダウンロード数は10億を超えるほど巨大なプラットフォームへ成長している。

関連記事:  インドの音楽ストリーミングGaanaがユーザー数1億人越え、アーティスト向けデータ分析ツール公開へ

海外の音楽市場を見渡すと、東南アジアやインド、中国などで人気のある音楽サービスは、グローバルで人気のSpotifyやApple Musicよりもローカルサービスであり、多くのローカルユーザーを抱えているのが現状だ。中国のTencent Musicが運営するQQ MusicやKugou、Jooxなどは基本フリーで利用できることが人気の理由の一つで、YouTubeもフリーアプリとしてアジアではユーザーを集めている。

サブスクリプション型音楽サービスをグローバル規模で推進したいメジャーレコード会社や音楽業界にとって、新興市場での売上増加は魅力的な提案となる。しかし、すでにフリーアプリが浸透している国では、サブスクリプションの普及に時間がかかるという現実問題もある。

source:
TikTok Owner to Challenge Spotify and Apple With Music Service (Bloomberg)
What Is The “I Got The Horses In The Back” Meme? Lil Nas X’s “Old Town Road” Is A Country Trap Hit (Genius)
Music Deals for Bytedance’s TikTok and Douyin Are Close to Expiring (Wall Street Journal)
Record Labels Said to Demand More Money for Songs on TikTok App (Bloomberg)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、記事執筆、海外向け音楽コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ