ソニーミュージックUKは、ポッドキャストの展開をさらに加速させている。

ソニーミュージックは、イギリスでオーディオコンテンツやラジオ番組を手掛ける、独立系制作スタジオ大手「Somethin’ Else」とポッドキャストコンテンツ制作のクローバルパートナー契約を締結した。

ソニーミュージックUKとSomethin’ Elseは共同でオリジナル・ポッドキャスト番組を制作するが、ジャンルは音楽に限らず、多方面に広げていく。ソニーミュージックUKは、コンテンツ制作とマーケティング、マネタイズに関する専門知識を提供していく。音楽ストリーミングや、コンテンツのグローバルディストリビューションで蓄積してきた同社のプラットフォーム、クリエイティブ、IP戦略も、今後はポッドキャストに応用されていくと思われる。

このパートナー契約では、ソニーミュージックUKとSomething’ Elseはポッドキャストのグローバル展開も視野に入れて活動する。

ロンドンを拠点にするSomethin’ Elseは、ニューヨークにオフィスを開設することがすでに決まっており、ポッドキャストやオーディオコンテンツ市場が急成長するアメリカに事業を拡大する。

1993年からイギリス人DJのジャイルス・ピーターソンのラジオ番組や、BBC Radio 1のミックス番組「Essential Mix」などを手掛けてきたSomethin’ Elseは、ラジオやテレビ業界内で高く評価されており、現在はポッドキャスト番組制作の分野で、イギリス大手スタジオの一つと見なされている。クライアントには、BBC、エコノミスト、Spotify、Amazon Audible、ランダムハウスなどがある。

ソニーミュージックは昨年から、新規事業としてポッドキャストの制作会社やプロデューサー、ポッドキャスターへの投資を続けている。2019年5月に、ソニーミュージックはアメリカでポッドキャスト・プロデューサーのAdam Davidson、Laura Mayerとジョイントベンチャー「Three Uncanny Four」を立ち上げたのを皮切りに、ロサンゼルスのポッドキャストスタジオ「Neon Hum」へ戦略的投資を行うなどして、急成長中のオリジナル音声コンテンツビジネスに参入した。

またソニーミュージックUKも、イギリス人ポッドキャスト・プロデューサーのRenay Richardsonとジョイントベンチャー「Broccoli Content」を立ち上げた。

さらには、自社内のクリエイティブエージェンシー「4th Floor Creative」に、「ポッドキャスト・クリエイティブ戦略」部門を作るなどして、人材確保を急いでいる。

Related:  ソニーミュージックが新規事業「ポッドキャスト」に本気の理由。投資や人材引き抜きが加速

イギリスでは、従来からラジオ番組がメディアとして存在感を発揮してきた。そして近年は、ポッドキャストへの需要が高まりつつある。

2019年には、音楽ストリーミングやポッドキャスト、デジタルラジオを含むオーディオコンテンツの消費料は、週間で2830万人にリーチするまで拡大している。この数値はイギリスでは過去最高となり、イギリスの成人の50%以上が、何らかのオーディオコンテンツを毎週消費している計算になる。

こうしたオーディオコンテンツの消費者の変化に、イギリスのラジオ局やメディアが対応し、成果を出し始めたことが、結果的にポッドキャスト人気をさらに加速している。

イギリスの公共放送局BBCが展開するプラットフォーム「BBC Sounds」では、ラジオ番組のリアルタイム配信に加えて、ラジオやポッドキャストのオンデマンドでのストリーミング再生が人気を集めており、これらのコンテンツのみで2019年10-12月には1億再生以上を記録した。

ポッドキャストを配信する、プラットフォーム企業もポッドキャスターやスタジオ向けに様々なアプローチを仕掛けている。

ポッドキャスト配信プラットフォームの業界2位のSpotifyは、ポッドキャスターやスタジオ向けに、音声コンテンツのデータ分析ツール「Spotify for Podcasters」を提供したり、コンテンツ配信や広告掲載を可能にするモバイルアプリ「Anchor」の運営会社を買収するなどして、ポッドキャスターに対するツール提供を強化している。

Related:  Spotify、ポッドキャストのリスナーデータ分析を開始

Source:
Audio producer Somethin’ Else and Sony Music announce new podcast venture (Sony Music UK)
Sony Music Invests in Podcast Production Firm Neon Hum (Variety)
音声分野の大企業、「ポッドキャスト」の課題に取り組む:見つけにくさをいかに解消するか? (DIGIDAY[日本版])
Tune in or lose out – the rebirth of audio (The Drum)
BBC Sounds racks up quarter of a billion plays during the final months of 2019 (BBC Media Centre)


Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材、記事執筆、市場リサーチ、音楽ビジネス、ストリーミング、音楽マーケティングに関するコンサルティングのご相談は、お問い合わせから、ご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ