Media_httpthenextwebc_maoju

みなさんは好きなアーティスト情報をどのように入手していますか? 以前は音楽ニュースサイトだけで済んでいたかもしれませんが、最近ではTwitterやFacebook等ソーシャルフィードもあってRSSリーダーだけでは力不足になっていること感じませんか? そんな状況でもニュースサイトとソーシャルメディアから好きなアーティストの最新情報を見ることが出来るツール「Fanity」を、The Next Webによる紹介記事の抄訳でご紹介します。

オランダのスタートアップが開発した新しいサイト「Fanity」はRSSリーダーを代替するもので、音楽ファンはニュースの代わりに好みのアーティストをフォローすることが可能になる。例えばあなたがカニエ・ウェスト、Jay Z、エミネムに興味があるなら、アーティストの「ファン」になるだけで選択したアーティストのニュース、マルチメディアコンテンツ、ソーシャルメディア上の活動をFanityにストリームして見る事ができる。
Media_httpthenextwebc_opwpf
ニュースフィードはアーティスト別や、ブログ、写真、動画などメディアタイプで公式投稿のみをストリームするフィルター機能も提供される。また有名人がTwitterでお互いをどのように語っているのかが判る「セレブリティ対話フィルター」機能も提供される。
Media_httpthenextwebc_fesjp
ケイティ・ペリーのFanity

大体は説明どおりに動作するが、検索機能には改良の余地がある(ベックとジェフ・ベックが識別されない)。メディアフィルターも100%正確ではない。時々写真ストリームの投稿に全く画像が含まれない場合が見受けられた。

パブリッシャーはこのサービスが記事をニュースフィードで表示できることを好まないかもしれない。表示される記事は一般提供されるRSSフィードから取得した情報でありリンク先も挿入しているが、もしFanityが成功すれば問題視される可能性が考えられる。(FlipboardやDiggも一部から問題視されています)

共同開発者のYvo Schaap氏とRaoul Kiksen氏はソーシャル機能を追加し、ファン同士がサイト上で対話したり、アーティストに独自のコンテンツを提供できるようにしたいと計画している。先週デモを公開した際、音楽業界の関係者からはポジティブな反応を得たと共同開発者は述べている。

*          *          *
好きなアーティストの最新情報をフォローできるところは賢い。自分の経験上、アーティスト情報はPitchforkなど音楽ニュースサイトで見るか、グーグル検索、メールアラートを設定するか、またはアーティストのブログをグーグルリーダーに登録するくらいだ。しかしこれではソーシャルメディア上の活動はフォローできない。Fanityは斬新なテクノロジーではないが、着眼点が面白い。

アーティスト側も新曲の発表や動画、制作情報をソーシャルメディアでまっさきに公開することが非常に多くなりました。作品が完成するまで情報を保留することは少なくなりましたね。

早速サインアップしてみました。初めての場合、下の設定画面が表れ、好きなアーティストを登録できます。画面右側はデフォルトで表示されるお薦めアーティストです。TwitterやFacebookと連携することで、自分が今フォローしているアーティストやファンページからアーティストを識別しリスト化してくれます。
Media_httplh5ggphtcom_xwhfb

こちらはカニエ・ウェストのページ。画像の一番したはMTVのニュースで、カニエがNBAのスター選手、コビ・ブライアントとナイキのCMに出演するとレポートしている記事です。しかし、(画像のトップ)その後カニエはTwitterで(王冠をかぶった写真)、レポートされたナイキの最新CM動画へのリンクをいち早くつぶやいているのが見えます。
Media_httplh3ggphtcom_wjdzj

ここでもわかるようにマスメディアが入手する情報と、アーティストが配信する情報ではスピードに差が生まれます。最新情報を求めるユーザー、特に友人同士の話題で人よりも先に情報を教えたいであろうティーンネージャー、にはうれしいツールでしょうね。


コメントは
Facebook.com/jaykogami までご連絡ください

ソース
関連記事  生き残れるか?生まれ変わったソーシャルエンターテイメントポータル「MySpace」の新機能
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ