アイスランド出身の歌手、ビョーク (@bjork Facebookページ)は、7作目となる新アルバム『Biophilia』をiPad アプリとしてリリースするという実験的な試みを行います。

Media_httpwwwmusikmar_fivgn

生命愛を意味するアルバムタイトル「Biophilia」は、ビョークの故郷であるアイスランドの絶え間なく変化する自然と、モダンでハイテクな社会のミックスを表現する作品です。「app album (アプリ・アルバム)」としてリリースされる新作は、従来のアルバムリリースに加えて、映画監督ミシェル・ゴンドリーらによるPV集と、6/30から開催予定のマンチェスター・インターナショナル・フェスティバル(MIF)でプレミアライブショーにより実現します。

Media_httpwwwtinymixt_wbvbf
「Biophilia for iPad」は母体となるアプリと連携した10個のアプリがリリースされ、各アプリはアルバム10曲にそれぞれ関連付けられており、ユーザーは楽曲のテーマを探りインタラクトすることができ、さらにリミックスできる機能も提供されます。またアルバムに新たな要素が追加されるたびに、アプリが進化します。アプリ制作者であるインタラクティブ・アーティストのScott Snibbeによれば、「ビョークはiPadをこのプロジェクトで重要な要素だと考えた。彼女は『アルバムとアプリは同時リリースすることで、ストーリー性を統一できる』とアプリを音楽、ストーリー、アイデアとして表現した」と説明しています。

例えば、楽曲『Virus』には曲のテーマであるウィルスと細胞の関係を表したインタラクティブゲームが提供され、視聴者はゲームに参加しなければ楽曲を終わりまで楽しむことが出来ない。

新曲「Crystalline」プレビュー

+          +          +

「Biophilia」のリリース日程は現在未定。ただどんなアプリができるのか、楽しみです。どんな柔軟性がユーザーに提供されるのか、まさか楽曲をオンライン上で共有すればライセンス違反になると思うけれど、リミックスしたバージョンは友人と共有できるような仕組みが提供されるなど、さらに音楽体験が面白くなる驚くような取り組みに期待しています。

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までどうぞよろしくお願いします。

ソース
関連記事  Next Big Soundによる音楽ビッグデータ分析から見た2013年の音楽トレンド
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ