2009年以来の活動を再開し始めた、英国バンドのブラー (Blur)が音楽アプリをリリースしています。iPhone / iPadアプリ、Spotify音楽アプリで21年分のブラーの音楽をファンに届けます。ブラーファンなら是非チェックしてみたい。

英国の音楽史で最も重要なバンドの一つに位置付けられるブラーは今夏、21年を振り返る21枚組ボックスセット『BLUR 21 BOX』を8月1日にリリース予定。ちょうど1週間目にモバイルアプリがリリース

レコード会社EMIが開発したiPhone / iPadアプリ『Blur App』は、バンドの歴史を振り返り、特別コンテンツ、メンバーのインタビュー、未発表曲やデモ、ライブ音源、ライブ・インタビュー動画が楽しめる。

カセット発売されたシングルや日本限定プロモまで幅広く網羅した詳細なディスコグラフィー、21年分の写真ギャラリー、setlist.fmと連動したライブ情報アーカイブも用意されている。また、Facebook, Twitterでシェアする機能も付いている。

また7月26日には、音楽ストリーミングサービスSpotify (スポティファイ)で、ブラー専用のSpotify音楽アプリをリリース。これはSpotifyが推進する、Spotifyプラットフォーム上で音楽と出合いやすく楽しく聴くことができる全く新しい音楽体験を提供する音楽アプリ戦略の一環。

ブラーのSpotify音楽アプリでは、メンバーのバイオ、今後4週間に渡り公開される特別ラジオプログラムシリーズ、ディスコグラフィー、ブラーファンがキュレートしたプレイリスト、バンドメンバー自らがピックアップしたブラーのライブのセットリストが楽しめる。

ブラーは今月始めにバンドとしては初めてTwitterと組み、新曲「Under the Westway」と「The Puritan」をライブストリーミング配信する斬新な試みを実施しました。新曲2曲は8月6日にiTunes, 限定7インチで発売予定。

また8月12日には、ロンドン五輪の閉幕記念イベントで、ハイドパークでライブを行う。

ブラ―のアプリ群は、バンドを長年フォローしてきたコアファンにとっても、これまで聴いたことのない層も楽しめる情報量と接点が数多く仕込まれている。古株ファンは音楽を再発見し、ライブを振り返ることでコンテンツに共感しバンドの活動や新作情報など更に求めるでしょう。またライトなファンは、ブラーが音楽史に残してきた足跡をたどることで、今自分が好きなバンドやジャンルとのつながりを認識することでバンドへの関心を高めることにもつながるでしょう。

そしてデスクトップ(Spotify音楽アプリ)とモバイル(iPhone/iPad)と、どの場面でも音楽を手元に届けやすくしてあげるテクノロジーと音楽の組み合わせは、バンドへの関心を今以上に高めつながりを作る音楽体験を実現するでしょう。今回のブラー・アプリは改めてテクノロジーと音楽とプロモーションの可能性を感じさせてくれる事例でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォローしてください。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
関連記事  YouTubeの定額制音楽配信「YouTube Music Key」がテスト期間の延長を発表。Spotifyやアップルに追いつけるのか?
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ