Media_httpblogcompete_dubbq

アマゾンが音楽ファンに魅力的な凄いサービスを始めるようです。

アマゾンは、同サイトでCDを購入したユーザーに対し、購入した音楽MP3データを同社のデジタルロッカーに無料かつ自動で保存し提供するサービスを導入するそうです。

情報をつかんだCNETによれば、複数の情報ソースからの情報として、コードネーム「オート・リップ (auto rip)」と呼ばれる機能だそうですが、ネーミングは変わる可能性があるとのこと。開始時期は未だ不明です。

またアマゾンは、新規にCDを購入したユーザーだけでなく、過去にCDを購入したユーザーもオート・リップの対象にするかもしれないと、情報ソースは伝えています。

アマゾンはすでに独自のクラウド型デジタル・ロッカーサービス「Amazon Cloud Player」を開始しており、ユーザーは同サービスにアップロードした音楽をスマートフォンやPCなどでストリーミング再生することができます。デジタル・ロッカーは、アマゾンの他にグーグルの「Google Play」やアップルの「iCoud」があります。

Media_httpcdnstaticcn_zfhzy

CDを購入した人にとっては、CDだけでなくデジタル音源も同時に手に入るという嬉しい特典ができます。これはアナログレコードに付いてくる音源のダウンロード・カードと似ているアイデアですが、アマゾンはさらに一歩進み、全てを自動かつ無償で提供しようという施策になります。

Media_httpgecximagesa_kpttt

音楽業界にとっても、CD購入というオプションが増えれば、それだけ収益があがる可能性も出てきました。米国では、例年減少していますが、ニールセンの調査によればCDは今でも最も購入される音楽フォーマットです。

リスナーにとって、音楽へのアクセスの選択肢が増えてくれることは、場所やデバイスに制限無く音楽に触れる時間が増えることにつながって、音楽消費にとって良い傾向を生みそうですねー

Amazonの関連記事です。ご興味があれば是非どうぞ。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
関連記事  米国最大のネットラジオPandora Radioの2012年を振り返る、年間視聴は130億時間以上に拡大
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ