カナダの2013年の音楽売上が発表されました。2013年はデジタル・アルバムとトラック・ダウンロードが増加傾向にある中、CD売上が二桁の勢いでダウンしたため、全体のアルバム売上は減少しました。

Nielsen SoundScanが発表したデータによれば、デジタル・アルバムは9%増加し、売上げ総数は1050万ユニットから1140万ユニットに拡大、デジタル・トラック購入数は2%増加し、1億1430万ダウンロードから1億1161万ダウンロードに拡大しました。

デジタルとフィジカルを合わせたアルバム売上総数は6%減少し3130万ユニットから2930万ユニットにダウンしました。

フィジカルのアルバム売上総数は、15%と大きくダウンし、2060万枚から1760万枚に減少しました。

Nielsen SouncScanが発表したデータは2012年12月31日から2013年12月29日までの音楽売上を集計したデータです。

このブログでは、各国の音楽業界の2013年での売上げデータをまとめて紹介しています。アメリカ、イギリスのデータもまとめてご覧ください。

関連記事:
音楽はもう買われない… アメリカの2013年音楽売上はアルバム・シングル共に減少、デジタルダウンロードも初めて減少

イギリスの音楽売上、2013年はアルバム売上4%減少、音楽ストリーミングが34%成長:楽曲再生数は2倍に拡大

イギリスで2013年最も売れたアルバム・シングルは?音楽業界団体が発表

アルバム売上

アルバム売上トップは「The Marshall Mathers LP 2」で、242000ユニットの売り上げでした。セリーヌ・ディオンの「Loved Me Back To Life」が231000ユニットで2位、Imagine Dragonsの「Night Visions」が179000ユニットで3位でした。

Imagine Dragonsの「Night Visions」がデジタル・アルバム売上げトップで100,000ダウンロードでした。2位はエミネムの「The Marshall Mathers LP2」が87000ダウンロード、3位はザ・ルミニアーズで「The Luineers」が80000ダウンロードでした。

CDアルバムの売り上げトップは、セリーヌ・ディオンの「Loved Me Back To Love」で208000枚、2位はエミネムの「The Marshall Mathers LP2」が150000枚、3位はマイケル・ブーブレの「To Be Loved」が116000枚という結果でした。

アルバム売上
1. エミネム:The Marshall Mathers LP 2(242000ユニット)
2.セリーヌ・ディオン:Loved Me Back To Life(231000ユニット)
3.Imagine Dragons:Night Visions(179000ユニット)

デジタル・アルバム売上
1. Imagine Dragons:Night Visions(100,000ダウンロード)
2. エミネム:The Marshall Mathers LP2(87000ダウンロード)
3. ザ・ルミニアーズ:The Luineers(80000ダウンロード)

CDアルバム売上
1. セリーヌ・ディオン:Loved Me Back To Love(208000枚)
2. エミネム:The Marshall Mathers LP2(150000枚)
3. マイケル・ブーブレ:To Be Loved(116000枚)

デジタルダウンロード売上

デジタル・トラック売上トップは「Blurred Lines」のロビン・シックで、692000ダウンロードを売り上げて1位に輝きました。2位にはAviciiの「Wake Me Up」が519000ダウンロード、3位にはPinkの「Just Give Me A Reason」が499000ダウンロードで入りました。

レコード会社別シェア

レコード会社別のシェアでは、ユニバーサルミュージック・グループが46.20%を占め、2012年の37%から大きくアップしました。2位はソニーミュージック・エンタテインメントで22.31%で20.08%からアップ、3位は13.48%のワーナーミュージックで13.35%からアップしました。

インディーレーベルは、18.01%で、19.96%から減少しました。

ソース
Canada’s Digital Music Sales Rise in 2013 Unlike the U.S.; Eminem, Robin Thicke Among Top Selling Artists(1/11 Billboard)

関連記事  「5人に一人はモバイルで音楽を聴く」。アメリカ人リスナーの傾向が最新調査で明らかに
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ