間もなくキックオフするアメリカ最大のスポーツイベント「第48回スーパーボウル」。今年はシアトル・シーホークス対デンバー・ブロンコスのカンファレンス首位対決になりました。

ニューヨーク近郊のメットライフ・スタジアムで2日午後6時30分(日本時間3日8時30分)にキックオフとなるスーパーボールを前に、両チームの本拠地となるシアトルのエド・マレー市長とデンバーのマイケル・ハンコック市長が、音楽ストリーミングサービスSpotifyで、それぞれの街の文化、音楽、考え方を表現した音楽プレイリストを公開していますよ。

シアトル・シーホークス プレイリスト

デンバー・ブロンコス プレイリスト

 

音楽を使った新しいスポーツの盛り上げ方ですね

アスリートやファンが気分を高めるために音楽を聴くように、音楽には高揚感を掻き立ててくれます。Spotifyプレイリストのような形で、普段は音楽とは関係のない人までもが、チームやファンと一体となってイベントを盛り上げられる楽しみ方は、今までになかったアプローチです。

このスポーツイベントと音楽そしてSpotifyプレイリストの組み合わせは、これから始まる冬季五輪や、サッカーワールドカップでも世界中で活用される気がします。

すでにご存じの方も多いと思いますが、スーパーボールは音楽とのつながりが非常に強いイベントです。特にスーパーボールのハーフタイムショーには、常にその年代を代表する人気アーティストが出演し、スタジアムだけでなくテレビ、オンラインで視聴者を魅了してくれます。

また近年では、企業がアーティストとクリエイティブなパートナーシップを組みブランディングを推進するための音楽を使ったスーパーボールのテレビコマーシャルも多く見られるようになりました。

関連記事
「レーベルはダメだ」、バイラル動画で有名なOK Goがカンヌライオンズで語った音楽マーケティングとブランドとの共創とは?(インタビュー全訳)

U2、スーパーボールのテレビCMで新曲「Invisible」を初公開へ、楽曲はチャリティ目的でフリーダウンロード配信に

関連記事  SoundCloudとSony/ATVがヨーロッパの音楽著作権で合意、定額制サービスの拡大目指す
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ