spotify_overview

定額制音楽ストリーミングサービスで世界トップの「Spotify」(スポティファイ)が、5月20日にこれまでとは全く新しいサービス「Spotify Now」を発表すると、CNBCが伝えています。

噂が正しければ、Spotifyが20日にニューヨークで開催する発表会で、これまでとは全く新しいストリーミングサービス「Spotify Now」をローンチするとこです。Spotify Nowで提供される機能としては、ムードやアクティビティなど、コンテクストからカスタマイズが可能な新プレイリスト機能、さらには噂されていた通りのオンデマンドの動画ストリーミング機能で、またランニング時の心拍数に音楽をシンクさせる「フィットネス機能」も登場する可能性と言われていますが、こちらは20日以降にロールアウトするかもしれないと伝えています。レポートでは現在のSpotifyよりも、よりインタラクティブ性の高いインターフェースにアップデートされたサービスだそうです。

Spotifyはライバルのアップルが日本時間6月9日に定額制音楽サービス「Apple Music」の発表が噂されていますが、競合に先んじて新サービスの発表を行います。

【関連記事】
アップルの噂される定額制音楽配信のサービス名は「Apple Music」か?

もしか、と思っていましたが、やはり動画ストリーミングにはSpotifyも注目していた模様。昨年YouTubeが定額制サービス「YouTube Music Key」を始めたり、動画コンテンツも配信できるTidalが現れたり、音楽ストリーミングサービスも音楽と動画を組み合わせた楽しみ方へ進化していくようですね。

自分の気分や一日の中の特定の時間帯で見たい動画がいつでも見れるようにできれば、まさに無限の音楽DVDアーカイブを普段から持ち歩いているようなもので、聴くことだけは補完しきれなかった音楽体験をさらに強くできます。またプレミアム会員のみ(恐らく)に届けられる動画エクスクルーシブや動画プロモーションなど、Spotify Nowの登場によってSpotifyを使う価値(と時間)がさらに高まりそうです。

ソース
Spotify to roll out new service(NBC)

関連記事  ソニーとSpotifyが提携、新たな音楽配信サーヴィス「PlayStation Music」を発表。Music Unlimited終了へ
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ