twitter_logo

定額制の音楽ストリーミングサービスでは世界最大の「Spotify」が、ベルリンの音楽共有サービス「SoundCloud」の買収に向けて交渉を進めていると、フィナンシャル・タイムズがレポートしています。

SoundCloudはサービスの収益化を図るため、広告に邪魔されずに全カタログ1億2500万トラックを楽しめる、月額9.99ドルの有料サービス「SoundCloud Go」を今年発表したばかりで、大きな戦略転換期を迎えています。

関連記事:SoundCloudが売却を検討か。収益化に苦戦、売却額は10億ドル規模 | All Digital Music

先日、有料会員が4000万人を突破したと発表したばかりのSpotifyは、SoundCloudを統合できれば、同サービスを世界中で支持するコアな音楽コミュニティを手に入れるという、とてつもないメリットが生まれ、Apple MusicやTIDAL、Deezerなどライバルの音楽ストリーミングサービスに大きな差をつけられると予想されます。2016年に入ったから、Spotifyはアクティブユーザー数は1億人突破を発表しており、今後は海外展開も含めて、さらなるサービスの成長が期待されています。

Spotifyはこれまで投資家から15.6億ドルの資金を調達してきました。SoundCloudはこれまで1億9300万ドルの出資を受けています。SoundCloudに出資する企業には、KPCBやIndex Ventures、Union Square Ventureなど著名なVCの他、昨今の買収騒ぎで話題のTwitterが名を連ねます。

ソース
Spotify in advanced talks to buy SoundCloud (FT)
Spotify in ‘advanced talks’ to buy SoundCloud (Business Insider)

関連記事  定額制音楽配信Spotify、スマホアプリにイコライザー機能を追加
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ