spotify_logo

定額制音楽ストリーミングサービス「Spotify」は、全世界の有料会員数が5000万人を突破したことを発表しました。

Spotifyは自社のTwitterで、最新の有料会員ステータスをハッシュタグ「#Spotify50」とともに投稿しています。

https://twitter.com/umusic/status/837475115382210560

Spotifyに代表される音楽ストリーミングサービスの成長速度は、音楽業界でも無視できないほど拡大しており、特にメジャーレコード会社3社(ユニバーサルミュージック、ソニーミュージック、ワーナーミュージック)は2016年度の決算では音楽ストリーミングからの収益が前年比で二桁成長を計上しているほど、音楽産業にとって今や最も重要なビジネスとなっています。

世界最大の音楽市場である米国において、2016年上半期で音楽ストリーミングは音楽業界で最も大きな売上シェアを記録し、売上規模は16.1億ドル(約1839億円)まで成長したことで、今後の音楽ビジネスにおいて音楽ストリーミングが占める割合は、ダウンロードやフィジカルに取って代わる勢いで伸びています。

音楽ストリーミングサービスが獲得した有料会員数を見ると、SpotifyやApple Musicの2サービスだけで2016年は2000万人以上を新たに獲得。現在Apple Musicが公表している有料会員数は2000万人です。

一方で、TIDALは300万人を突破したと公表していましたが、数値に信憑性が問われており、実際は85万人ほどでないかと、メディアや音楽業界から指摘されています。また、パリに拠点を置き世界180カ国以上に展開するDeezerは、有料会員数は700万人と言われています。

ソース
Spotify Officially Hits 50 Million Paid Subscribers (Billboard)

関連記事  米Twitter、音楽ストリーミング「スポティファイ」でTwitter #Music 用Spotify音楽アプリをリリース
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事転載、配信、寄稿、お仕事のご質問は「お問い合わせ」またはTwitter, Facebookからお願いします。RSS購読、フォロー宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ