「高音質」を武器に、人気アーティストたちの楽曲を世界で配信する定額制音楽ストリーミングサービス「TIDAL」に新たな資金問題が浮上し、現在の財務体制では6カ月を乗り切る資金しか残されていないことが明らかになりました。

ノルウェーのメディアDagens Næringslivによれば、TIDALは2016年に税引前純損失が約4490万ドルを計上、赤字経営をいるとされ、近年指摘されて来た経営難が深刻な状況にあると考えられます。

2017年1月には、ソフトバンク傘下のSprintに33%の経営権を譲渡したTIDAL。その際には、TIDALのオーナーであるジェイ・Zのビジネスパートナー、ホアン・ペレス(Juan Perez)が「TIDALは12-18カ月分の資金を調達した」と発言したと伝えられていました。また、同社は2018年半ばには黒字化するという見通しを立てていたことが報じられもしました。

オススメ記事  苦戦続きの音楽配信サービス「Tidal」、CEOがわずか18カ月で退任。Spotify、Apple Musicと差は詰められるか

Spotifyは、有料会員数が6000万人以上、Apple Musicは3000万人以上を獲得して、音楽業界におけるプラットフォームの影響力を高めており、2018年も世界的な定額制音楽ストリーミングの普及は続くことが予想される中、TIDALのような小規模なサービスは、プラットフォーム競争をいかに生き残るかの道を迫られています。

2016年3月にTIDALの有料会員数が300万人を超えたことを同社はアナウンスしました。しかし、Dagens NæringslivはTIDALの会員数水増しをレポートしており、実際に獲得した会員数は85万人であるという証拠を財務文書から指摘された過去があります。現在の推測される会員数110万人と言われ、SpotifyやApple Musicから大きな遅れをとっています。

ソース
Tidal is reportedly having money problems (The Verge)

Sprint just bought 33 percent of Jay Z’s Tidal streaming service (The Verge)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ