Media_httpwwwcnetcouk_nsvrw

欧州7カ国で展開される定額会員型音楽ストリーミングサービス Spotify が延期されてきた米国でのサービス開始にようやく近づいたとメディアがレポートしている。Spotifyは2年以上に渡り米国進出を試みており、2010年のSXSWや年末の発表に期待があったが、結局何も起こらなかった。そして遂にSpotifyが米国でのサービス開始に前進したとの情報をNew York Postが13日に報じた。

New York PostのClaire Atkinsonによると、2人の音楽業界関係者がSpotifyとソニーミュージックが間もなく契約を締結すると伝えており、さらにもう一つのメジャーレコード会社からも支持を獲得しているとレポートしている。

Spotifyは2006年に26歳のCEO、Daniel Ek (ダニエル・エック)とMartin Lorentzon (マーティン・ローレンツォン)が設立した音楽ストリーミングサービス。洗練されたPC、モバイルアプリにより10000000曲以上のライブラリーから好きな曲を聴くことができるフリーのサービス。2010年にユーザー数は1000万人を突破した現在最も勢いのある音楽スタートアップである。
Media_httpimagesfastc_hhlmj
左がLorentzon、右がEk
Facebook連携やユーザー独自のURL、優れた共有機能があるソーシャルな音楽プラットフォームだ。Spotifyのユーザーの内、広告が入らずダウンロードや楽曲の購入もできる有料オプション(月10ドル)には約750,000人が加入している。昨年書いた下のエントリーもご参考までに。

Media_httpwwwspotifyc_jfpfx

米国でのSpotifyを取り仕切っている(らしい)のはナップスターの創業者であり、Facebookの初代社長である投資家のショーン・パーカー (Sean Parker)。映画「ソーシャルネットワーク」にも登場するので、ご存じの人多いと思います。ショーン・パーカーはナップスターで出来なかった音楽ビジネスをSpotifyで達成しようと、並々ならぬ意欲を見せています。

Media_httpimagesfastc_mztvj
image via fast company 
(右が
ショーン・パーカー、左がソーシャルネットワーク』でパーカーを演じるジャスティン・ティンバーレイク)

これまでなぜ実現しなかったのか? それは米レコード会社はフリーで音楽が聴き放題のサービスではビジネスにならないとして、高額な課金や広告モデルを要求していると言われている。なぜなら広告を収入源とするマルチメディアビジネスの多くはこれまで成功したことが無く、音楽をタダで無制限にユーザーへ提供することに大きな抵抗を感じているからだ。New York Postはレコード会社はSpotifyに推定1億ドルの前払いでもらい、Spotifyには定額会員制モデルで運営することを望んでいると書いている。一方、Spotifyはフリーでサービスを提供するモデルを変えるつもりはないとDaniel Ekは語っている

SpotifyはアップルのiTunesモデル(シングルダウンロード)に対する新たなサービスと言われています。アップルグーグルもクラウドを使った無制限音楽サービスを開発中とあり、Spotifyのビジネスモデルに機会を模索しています。

米メディアの意見は二つに分かれている。SiliconAlley InsiderのJay Yarow (@jyarow)はソニーだけでなく全レコード会社が揃わない限り、Spotifyに進展は無い、と結論している。ロイターは完全に否定していますね。反対にTUAWは近日中の動向に期待しているようです。

コメントは
Facebook.com/jaykogami までご連絡ください。

ソース
関連記事  定額制音楽配信Rdio、インドに進出。グローバル音楽配信では初、競合よりも一足早く
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ