Media_httpthenextwebc_scmcg

以前に書いた通り、ソーシャル音楽共有サイトの「SoundCloud」(サウンドクラウド @soundcloud)が新たな資金調達ラウンドを完了した。しかも米大手ベンチャーキャピタルからの巨額の出資だから驚きだ。

ベルリンを拠点を構えるSoundCloudはUnion Square VenturesIndex Venturesから出資を受けたことを自社ブログで発表した。大物投資家でブロガーのフレッド・ウィルソン(Fred Wilson, @fredwilson)とマイク・ヴォルピ(Mike Volpi, @mavolpi)が取締役に加わる。SoundCloudは今回の資金を米国での事業拡大に費やすと説明している。

SoundCloudはオーディオファイルを簡単にブログやソーシャルメディアで共有再生することが出来るオープンかつフリーのサービスです。インディー系アーティストやレーベル、DJが新曲やリミックスをプロモーションで公開する場合などに使われてきました。ユーザーが楽曲内にコメントを残せたりダウンロードできるオプションに加え、購入サイトへのリンクを挿入できる機能もありアーティストやショップにとっても便利なサービスです。SoundCloudはフリミアムモデルを採用しており、より多くのストレージが必要な場合は、有料で購入できます、最近ではSnoop Doggなどさらに大物アーティストも利用し始めています。こちらはRoyksoppのページからの音源です。

  <span>The Drug by Röyksopp</span>

Media_httpuploadwikim_qmoif
ブログでは、両名がなぜSoundCloudに興味を持ったのかがインタビュー形式で掲載されている。TwitterやTumblr、Zyngaなどソーシャルメディア企業に初期から投資してきたUnion Squareのフレッド・ウィルソンは、サービスの魅力を次のように説明している。

“Audio is the one media type that doesn’t have an obvious platform for posting and sharing… I’ve been looking for that platform for years. And I think I’ve found it at SoundCloud.com.”

「オーディオは投稿や共有するための明確なプラットフォームが存在しないメディアだ。私は長年そのプラットフォームを探してきたが、SoundCloudに見つけた」

ウィルソンは2008年に創設当初のSoundCloudを「ミュージシャン向けのFlockr」と称して興奮した様子で自身のブログで紹介している。

こちらはフレッド・ウィルソンのインタビュー。動画でも文章でもなくインタビューがSoundcloudです。(英語)
</object><span>Thoughts on SoundCloud by fredwilson.  Uploaded with SoundCloud Android</span>

SoundCloudは先日、iPhoneおよびアンドロイド向けモバイルアプリケーションを発表し、またMac App Store開設と同時にOSX向けデスクトップ・アプリケーションも公開した。
Media_httpblogsoundcl_gtskw

コメントは
Facebook.com/jaykogami までご連絡ください。

ソース
関連記事  サムスン、独自音楽サービスMusic Hubを7月に終了へ。マーケ担当者がツイート(その後削除)
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ