Media_httppaidcontent_aqfim

* このエントリーはロイターの記事の抄訳です。

中国最大の検索サービスBaiduが音楽検索を5月から開始すると、ロイターがレポートしている。サービスでは、ライセンス契約を締結済みの楽曲を提供する。

BaiduのスポークスパーソンであるKaiser Kuo氏(国際コミュニケーション担当ディレクター)は、「Baidu Ting」と呼ばれる音楽検索サービスを5月にローンチ予定しており、ユーザーは音楽ストリーミング、ダウンロード、ライブラリーの作成ができ、ソーシャルネットワーク機能も追加されると、ロイターに説明する。

Baiduは先週、中国音楽著作権協会(Music Copyright Society of China、MCSC)との間で、Baidu Tingからの楽曲ダウンロードの支払いに関する合意に達したと述べる。音楽サービスは広告で収益を得る。

合意内容は出版権が対象となり、BaiduはMCSCを介して作詞・作曲家へ利益を分配する。Baiduはまた興行権を含む契約の合意に向け協議している。

Media_httpmusicinterp_ehjai

さらにBaiduは、ソニーニュージック、ユニバーサルミュージック、ワーナーミュージックなど大手レコード会社と同様の契約を協議している。EMIと同社はMCSCとの契約に基づき、すでに合意に達したとKuo氏は説明する。

BaiduのライバルであるGoogleも、中国市場向けに音楽検索サービスを提供している。しかし2010年に中国での検閲に関する処置のため、本土での事業を切り上げ香港に拠点を移動した。

*          *          *

Baiduが音楽サービスに、しかも最大シェアを有する中国市場で展開。今後もアップデートがあればレポートしていきます。

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までご連絡ください

ソース
関連記事  コーチェラ・フェスティバル運営会社のAEG Live、2016年はニューヨークで巨大音楽フェス開催か
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ