Media_httpventurebeat_zmpmd

定額制音楽ストリーミングサービスのSpotifyが11月30日(現地時間)にニューヨークで開催するメディア向けイベントへの招待状を送付しています。招待状のタイトルは「What’s Next for Spotify?」。Spotifyは同イベントで新たな方向性を発表する予定です。

イベントの詳細は明らかではありませんが、グローバルレベルの発表がCEOのDaniel Ek氏と複数の特別ゲストによって行われるそうです。

Media_httpwww4picture_aiabh

AllThingsDのPeter Kafka氏 (@pkafka)がSpotifyのPR担当に問い合わせたところ、次の返答をメールでもらっています。(抄訳)

「Spotifyは革新し続け、私たちのユーザーへエキサイティングで新しい体験を提供し続けます。11月30日開催予定のSpotify初となるプレスカンファレンスでは、大規模な進化と、Spotifyの新たな方向性を発表します。イベントにはCEOのDaniel Ekと特別ゲストが登場予定です」
“At Spotify, we continually strive to innovate and deliver exciting new experiences for our users. In New York on November 30th, we are holding our first press conference to unveil the latest major development from Spotify — and a new direction for the company. The press event will be hosted by CEO and Founder Daniel Ek, along with special guests.”

Kafka氏は米国版MP3ダウンロードストアの発表(欧州版Spotifyでは提供済み)、リモートコントロール機能付きのiPadアプリの発表などを予測していますが、これまでSpotifyが大きなプレスイベントの開催を避けてきた経緯から、今回の発表がこれまでにない規模の発表になる可能性があると示唆しています。
Image
VentureBeatのTom Chereder氏 (@tched)は、プレイリストの検索など新たなソーシャル機能の追加、専用iPadアプリの発表を予想しています。ですが、前者はFacebookとの連携が強化されたソーシャル機能と比べると大きな発表とは言い難く、後者はプレスカンファレンスを開催するほどの発表ではないと、述べています。
0image
そしてChereder氏は、SpotifyがFacebook Credits (日本ではFacebookポイント)導入を含むFacebookと連携したMP3ストア開設を発表すると予測。
1image
Facebook Creditsで購入できるデジタル音楽ストアはFacebookと連携を強化した音楽サービスにとっては魅力的な展開です。これによりSpotifyはアップルのiTunesやGoogle Musicと直接競合する存在になっていくことでしょう。

ただ、ネットワーク効果があるとはいえ、ここまでFacebookとの連携を進めているサービスは他にあるでしょうか?ある意味、現時点での依存度はかなり高いと思われます。はたしてこれがFacebookの普及していない市場に進出する時にどう影響してくるのか、今後も注目です。

僕の予想は2012年の市場拡大プラン、そして日本およびアジア圏内でのサービス開始の発表だと思いますが。みなさんはどう思いますか?

ご参考までに関連記事です。興味のある方は是非。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までどうぞよろしくお願いします。

ソース
関連記事  米ネットラジオ最大手Pandora、12月のリスナー動向データを発表:アクティブリスナーが7600万を超える
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ