image via Flickr

米国の音楽、映像ソフト販売を集計するNielsen SoundScanによれば、2011年のアナログレコードのアルバム販売が350万枚に達し前年比で36.5%増加したことが分りました。

2010年には280万枚を売上げたアナログ市場。Nielsenが今年5月に発表した2011年の予測では25%強でしたので、10%以上も高かったということですね。

Media_httpwwwdigitalm_rkcua

コアな音楽ファンには嬉しいニュース、アナログレコード売上は2011年に25%以上成長 [インフォグラフィック](5/25)

アナログレコードは将来的にCD売上と逆転するという考えも起こっており、今年はForbesThe Economistなど大手メディアでも特集記事が組まれるなど、旧式フォーマットと思われてきたアナログレコードがカムバックするのかと期待を抱かせる年でした。

音楽業界やストア、 RadioheadやBlur等のアーティストもアナログオンリーのリリースや「Record Store Day」などイベントを通じ、コレクターから新しいファンまでが楽しめる音楽好きコミュニティの醸成を図り音楽体験を深める活動を実施してきたことも、人気拡大の要因だと捉えられます。

Media_httpfarm6static_yezoy

image via Flickr

英国でもアナログレコードの売上が増加しています。2011年前半(1-6月)には前年比55%の売上を記録し10月には2010年の販売枚数234,000枚を超える240,000枚以上に達するという人気急騰を示しています。こちらのRadioheadの「The King of Limb」のアナログ限定パッケージが発売されたことで、ファンにとってはコレクションとなる付加価値を提供してくれます。

Media_httpfarm6static_bramb

image via Flickr

10月末時点で英国のOfficial Chart Companyが発表したアナログレコード売上トップ10はこちら。
01 ‘The King Of Limbs’ – Radiohead
02 ‘21’ – Adele
03 ‘Different Gear Still Speeding’ – Beady Eye
04 ‘Suck It And See’ – Arctic Monkeys
05 ‘Let England Shake’ – PJ Harvey
06 ‘Bon Iver’ – Bon Iver
07 ‘Submarine (Ost)’ – Alex Turner
08 ‘Director’s Cut’ – Kate Bush
09 ‘Build A Rocket Boys’ – Elbow
10 ‘Nevermind’ – Nirvana

また英国では、BBCが元旦のラジオ放送では、昨今の人気を受けてアナログレコードのみをエアプレイすると発表しています。BBC 6Musicはコアな音楽ファン向けのステーションとDJの集まりとして知られていますので、アナログレコードへの価値観と共感も生みやすいコミュニティを形成します。
BBC Radio 6 Music goes vinyl-only on New Year’s Day (12/26 The Guardian)

ただしこれらは海外の話で、CDが売れる日本ではあまり聞かれない話です。アナログ=「古い」という印象が定着しているからでしょうか?もうCDも新しいフォーマットではないのですけれど。

image via Flickr

そのまま陳列させればアナログレコードは古いメディアかもしれませんが、ストーリーの作り方、見せ方、導線の引き方をアレンジするだけで、既存の消費者や情熱的なファンにコンテンツを愛してもらう要素を提供でき、さらに商品を購入するだけの付加価値の提供も可能ということを、アナログリバイバルは示唆してくれていると自分は感じます。コアなファン層とつながることで、仲間同士での情報交換やアーティストに関する情報発信も彼らが盛んに行ってくれると期待できます(アナログファンは本当に語りあう仲間がほしいと感じます)。

Media_httpfarm4static_wgaqb

image via Flickr

「古いフォーマットだから」、「古いやり方だから」と切り捨て、人気だからと単純に新しいモノへと移ったのでは、つながりが生まれないしリスクも高い。既存のコミュニティと価値を共有できるつながりを考え、ファンに喜んでもらえる付加価値を誠実に提供するアプローチも、情報やデジタルで満ちあふれた現在の社会においてまた一つの可能性かと思いました。

最後に全く変わった付加価値提供の仕方について。元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトが運営するレーベル「Third Man Records」は、楽曲のプロデュース以外にも珍しいアナログレコードの通販などを行いコアな音楽好きとつながっていますが、次に発表した製品はなんとiPhoneケース。それも本物のアナログレコードで作られたケースです。こんなケースならアナログファンだけでなく、音楽好きのiPhoneユーザーやテック系メディアも手に取りたくなってしまうとは思いませんか?

Media_httpcdn2ubergiz_bjmqx

Third Man 45 iPhone 4S Case Is Super Awesome (12/27 Mac Observer)

関連記事  Event | Gunpei Yokoi Night 横井軍平ナイト @ 粒谷区ツブヤ大学特別講義
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ