欧米で人気の聴き放題音楽ストリーミングサービス『Spotify (スポティファイ)』は、AT&T, インテル、マクドナルド、リーボックなど世界的ブランドと提携し、ブランドの音楽アプリケーションを同社のプラットフォーム上で立ち上げる予定です。

Media_httpgaiaadageco_ziwqj
image via AdAge

2011年11月にアプリケーション・プラットフォーム戦略を発表したSpotifyは、1600万曲のコンテンツを利用できるブランドのアプリを数ヶ月のうちにWindows/Mac版デスクトップクライアントへ追加します。SpotifyはすでにローリングストーンビルボードPitchforkなどオンライン音楽メディアや、レコード会社のアプリを発表しています。

Media_httpwwwbusiness_cuhft

最初にローンチするアプリは、AT&Tリーボックインテルから。AT&Tの「Surround Sounds」で、アーティストが楽曲を作曲;録音した場所やライブ演奏した場所をマップ上でトラックできるアプリです。またリーボックからは、ワークアウト用のプレイリストが作成できるアプリ。インテルからは、Facebookの友人が視聴する楽曲からバンドやアーティスト、曲をレコメンドしてくれる「Sifter」が登場する予定。

Media_httpgaiaadageco_ejduf
image via AdAge

スウェーデンで設立されたSpotifyは、ヨーロッパや米国など現在13ヵ国でサービスを展開する聴き放題の定額型音楽ストリーミングサービス。フリーミアムで提供されるサービスは、無料・有料会員合わせてユーザー数1300万人以上に成長し、有料会員数300万人を有します。

今回Spotifyが音楽関係以外のブランドにアプリケーションプラットフォームを開いたことで、音楽ファン以外にも、より一般消費者向け(もしくは無料会員)へのアプローチも可能になりつつあることを意味します。先日発表した「Spotify Play Button」やFacebookの「Listen」ボタンと合わせ、プラットフォームからブランドが直接ファンにコンテンツを届けられるモデルが増えることで、ユーザーとのつながりが強化され企業や音楽のプロモーションの機会が着実に生まれます。SpotifyのブランドアプリはFacebookTwitterが開始したブランド向けページの施策に近いモデルだと感じます。もしSpotifyが日本に上陸した場合、例えばコンビニや自動車など、日本企業にとっても参入しやすくなるでしょうね。

Spotifyとブランド提携に関する発表は、引き続きアップデートしていきます。

Media_httpwwwblogcdnc_lkmzh

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までどうぞよろしくお願いします。

ソース
関連記事  SpotifyとUber、車内の音楽再生で提携を正式発表。タクシー内がよりパーソナルに
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ