Media_httpimage1playg_opbrz

若者を中心に人気を有する英国のロックバンドThe XX (ジ・エックスエックス)が新アルバム『The Coexist』のリリースを記念して、公式サイトでアルバムの話題で世界中のファンが拡がる様子が見えるインタラクティブマップを展開している。

Media_httpfactmagimag_advxh

The XX公式サイト

The XXはマイクロソフトのInternet Explorerと組んで、Coexistをフル視聴でき音楽体験を世界中のXXファンとSNSを介して共有できるキャンペーンを開始した。サイトではフル視聴できる新作が用意され、ファンはFacebook, Twitter, emailを使ってソーシャルメディア上に音楽をシェアしていく。画面上ではシェアされた音楽が世界で拡散する様子がゆっくりと動く光のつながりで見ることができる。ユーザーは音楽をシェアすることで簡単に参加することができ、共有した音楽を見つけた誰かがサイトで聴き始めるキッカケ作りへと変化する。

Media_httpinfosthetic_rektj

面白いことに今回のThe XXのアルバムプロモーションは、サイトローンチのプロモーションを行うことなく完全な口コミで広まった。バンドは一人のリスナーに曲をシェアしたことから始まった。最初のリスナーはイングランド東南部のファンだったそうだ。

Media_httpinfosthetic_dcieg

バンドのマーケティングを担当するアダム・ファレル (Adam Farrell)は、今回のプロモーションをバンドの歩みと照らし合わせ、「The XXは口コミ (word-of-mouth)で認知拡大したバンドであり、だから今回のプロモーションでは音楽を自ら発見しファンが共有する感覚に立ち返ったと考えている」とコメントしています。

Media_httpventurebeat_orrov
ソーシャルメディアで共有された場所間を光線でつなぎ照らしだす。ロンドンから始まったつながりが世界中に広がっていく様子は、まさにアルバムタイトル「Coexist」(共存)を具現化してくれています。The XXの取組みでは、Facebookの友人やTwitterのフォロワーといった特定のターゲットに絞るわけではなく、定型キーワードを強制言及させるわけではない。ごく自然にThe XXを聴いた誰もが参加できるバイラルマーケティングを元に、コアファンのつながりから広がったアルバムプロモーションは、この期間限定だけでも見えないファン同士の繋がりを体験でき素晴らしいと思いました。

The XXはまた今秋に開始される北米ツアーのチケット購入者にはCoexistのデジタルコピーを配布している。チケット代にアルバムも含まれ、これは10月中開催される全てのライブチケットが対象になる。こちらからの拡がりも気になる。

Media_httphypetrak101_ghhci

待望の新作The CoexistはXL Recordingsから9月11日にリリース。

01. Angels
02. Chained
03. Fiction
04. Try
05. Reunion
06. Sunset
07. Missing
08. Tides
09. Unfold
10. Swept Away
11. Our Song

世界:XL Recordings

日本国内:ホステス・エンターテインメント

最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事  音楽ストリーミングサービスSpotify、ボルボと連携し車載システム向け音楽サービスを開始へ
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ