(4/16 追記)Spotifyは正式に8ヶ国で開始しました!詳しくはSpotifyのブログをご覧ください。

海外で人気を集める定額制音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、メキシコ、香港、マレーシア、シンガポール、アイスランド、エストニア、ラトビア、リトアニアの8カ国でサービスを早ければ16日に開始する模様です。

Engadgetのレポートによれば、マレーシアとシンガポールではすでにサービスが開始していることが明らかになっています。Spotifyによる正式な発表は16日になると予想されます。

新たに8カ国を加えるとSpotifyは世界で28カ国でのサービス展開になります。

Spotifyは現在世界でアクティブユーザー数2400万人、有料会員数は600万人に成長しています。今回の新マーケット進出によって、この数はさらに増えて行くことが予想されます。

最新のIFPIのレポートによれば、メキシコは世界で16番目のデジタル音楽市場であることから、ラテン圏での新規ユーザー獲得が考えられます。

また香港やシンガポールへの進出はアジア圏に拠点を固めるための足がかりになるはずです。さらにまだアジアに進出していない競合や、アジア発の音楽サービスにプレッシャーを与え競争を加速化してくれる嬉しい流れと思います。

早く日本でも始まって欲しいと思います。


ソース

Spotify set to expand in Asia, Latin America (4/15 CNET)

 

関連記事  ニューヨーク・タイムズが稀有な日本の音楽市場を紹介。未だに売上げ85%をCDが占める現状をどう報じたか?
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ