YouTubeがカントリーミュージック専用チャンネルを立ち上げ、音楽ファンへのリーチ拡大を目指す
先日ブログにも書きましたYouTubeの有料サービス開始の噂ですが、9日から有料サービスが開始になりました。
YouTube、数週間の内にサブスクリプション型サービスを開始か?

YouTubeのサイト内のチャンネルに「Paid Channel」セクションができています。まずはパイロット版として53チャンネルが有料サービスを開始しました。全てのチャンネルは月額99セントから購読が可能で、また14日間の無料トライアル期間を設けているので、購読してコンテンツが気に入ったら継続して月額料金でチャンネルを楽しむことができます。

またいくつかのチャンネルでは年間購読も可能で、その場合は月額よりも低額なディスカウント料金が設定されています。

YouTube (1)

サブスクリプション型チャンネルのコンテンツはスマホ、タブレット、セットトップ・ボックスなどでも視聴が可能です。

月額200円の「Comedy TV」

Comedy.TV - YouTube

 

月額500円のフィットネス・チャンネル「iAmplify Fitness」

iAmplify Fitness - YouTube

 

ドキュメンタリー番組の「DocuRama」は、日本からはまだアクセス不可。

Docurama - YouTube

 YouTubeとコンテンツクリエイターにとって、広告収入が今もそして今後も大きな収益源になることは当分変わりませんが、サブスクリプション型サービスを導入したことによって、収益ソースが拡大することは間違いありません。一方で、この有料チャンネルの導入で、どれだけのビューワーを呼び込めるかは未だに未知数です。プレミアム・コンテンツ・プロバイダーとしては、米国ではNetflixとHuluがこの分野では先行しているので、YouTubeがこれらの企業に対しどれだけ優位性を示せるかは、今後のGoogle / YouTubeとコンテンツクリエイターの腕の見せ所になります。

来週のGoogle I/Oがますます楽しみになってきました。

ソース
New ways to support great content on YouTube(5/9 YouTubeブログ)

関連記事  グーグル、定額制音楽サービスをドイツで開始 --わずか半年で世界21ヶ国まで拡大
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ