Media_httpdawncompkfi_xzvns

 

Appleはワーナーミュージックと出版部門のワーナー・チャペルと音楽ストリーミングサービスのライセンス契約で合意しました。これによって、Appleが開発する新しい無料の音楽サービス「iRadio」のローンチが実現に一歩近づきました。CNETがレポートしています。

Appleは6月10日(現地時間)に開催予定の開発者向けカンファレンス「WWDC」でiRadioを発表するために、レコード会社と出版会社とライセンス契約で交渉を進めて来ました。

ワーナーミュージック・グループは大手メジャーレコード会社の中で音楽事業と出版事業の両方で合意した最初のレコード会社になります。

Appleは先月世界最大のレコード会社ユニバーサルミュージックとライセンス契約で合意しています。一方ソニー・ミュージックとその出版部門Sony/ATVとは現在も交渉が続いていると言われています。音楽業界から見た場合、Appleが提案するオファーが音楽ストリーミングサービスで競合するPandoraのオファーよりもはるかに魅力的な内容と言われています。伝わってきた内容によれば、Appleのオファーはライセンス料支払いに加え、

・音楽サービス向け広告収益のシェア

・グローバル展開

・ラジオサービスとiTunesの連携(購入機能付き)

が含まれると言われています。これらのオファーがレコード会社には音楽ダウンロードビジネスに加えて音楽ストリーミングビジネスからの新たな収益源をもたらしてくれます。また現在iTunesには5億人分のアカウントが設定されており、Pandoraのユーザー数とは規模で大きく優ることも、レコード会社にとっては魅力の一つです。

 

音楽ストリーミングサービスの分野は今、最も競争の激しく参入が多いビジネスになろうとしています。先月Googleは独自の音楽サービス「Google Play Music All Access」を発表し、音楽ストリーミングサービスビジネスに本格参入しました。その他にも市場ではSpotifyやRdio, Deezerに加えPandora, iHeartRadioなどネットラジオもサービスを提供しています。

これまでデジタル音楽市場をリードしてきたAppleの新サービスには期待したいです。WWDCの発表が楽しみになってきました。

 

ソース
Apple reaches iRadio deal with Warner Music, suggesting WWDC launch(6/2 CNET)

関連記事  アップルとレコード会社、音楽ストリーミングのロイヤリティ料分配を巡って未だ交渉中。タイムラインはWWDC
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ