Appleは、噂される無料の新音楽サービス「iRadio」の開始に向けて、大手レコード会社でまだ契約に合意できていなかったソニーミュージックとライセンス契約を締結しました。All Things Dのピーター・カフカ(Peter Kafka)氏がレポートしています。

Appleはこれでユニバーサルミュージック、ワーナーミュージック、ソニーミュージックと3大レコード会社と原盤権利用契約で合意したことになります。

Apple、音楽ストリーミングサービス「iRadio」開始に向けてユニバーサルミュージックとライセンス契約で合意との噂
Apple、ワーナーミュージックと 「iRadio」開始へ向けてライセンス契約で合意、6月のWWDCで正式発表か?

Appleは来週10日(日本時間11日午前2時)に開幕する、開発者向けカンファレンス「WWDC 2013」でiRadioの発表が行われる予定です。

 

またBIllboardによれば、Appleはソニーの著作権を管理する音楽出版事業ソニー/ATVともライセンス契約で合意したと伝えます。ソニー/ATVはソニーの音楽カタログ以外にもEMIの音楽カタログを扱っています。ソニー/ATVのCEOマーティ・バンディアー(Marty Bandier)は、「2年の特別契約」で合意したと語っています。この契約では、AppleがiRadioの広告収入から得る10%を受け取る契約です。

原盤契約を大手レコード会社と結んだAppleが契約を残すのは、ユニバーサルミュージックの音楽出版部門ユニバーサルミュージック・パブリッシンググループだけになります。

Apple は交渉において以前は広告収入の4.1%を支払う契約を提示しましたが、この内容な音楽出版社に却下されました。BMG、ソニー/ATV、ワーナーチャペルなど音楽出版の幹部はiRadioの広告収入から10%-15%を受け取る契約を望んでいました。そしてAppleが10%の支払いに応じたことによって、ワーナーチャペルが合意し、そして今回ソニー/ATVも契約に至ったと考えられます。

ワーナーチャペル、ソニー/ATVが契約に応じたことから、ユニバーサルミュージック・パブリッシンググループも間もなく契約を締結することが予想されます。原盤と著作権契約を全てのメジャーレーベルと合意することができれば、iRadioを正式に発表するでしょう。

iRadioは、無料の音楽ストリーミングサービスで、全米で人気のPandoraと近いネットラジオ機能を提供すると噂されています。つまりSpotifyやRdioのようなオンデマンドではなく、アーティストや楽曲、アルバムをベースにリスナーの嗜好に適した音楽を再生し続けてくれるラジオステーションが主な機能になると考えられます。

一方で競合するPandoraなどネットラジオとの違いは、iTunesで聴いた楽曲が即座に購入できるシステムや、iTunesで購入した楽曲を参照して音楽をレコメンドしてくれることなど、iTunesと強く連携していることが特徴です。

音楽ビジネス関係者、特にレコード会社と出版社にとってはiRadioがiTunesビジネスをさらに拡大し、世界的に成長しているデジタル音楽からの収益を増加させてくれると期待しています。

iRadioが現実にまた一歩近づいたと思うだけでワクワクしてきました。WWDCでの発表が楽しみです。

 

ソース
Apple Signs Sony Up for iRadio, Now Has All Three Major Music Labels on Board(6/7 All Things D)

Sony/ATV Signs With Apple iRadio, Launch Imminent(6/7 Billboard)

関連記事  音楽イベントがリスナーを刺激! ダフト・パンクのSpotify再生回数はグラミー賞パフォーマンス後に205%アップ!
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ