Googleは自社が展開する聴き放題のサブスクリプション型音楽サービス「Google Play Music All Access」を新たに7カ国で提供開始しました。

新しいマーケットは以下の7ヶ国です。

・チェコ
・フィンランド
・ハンガリー
・リヒテンシュタイン
・オランダ
・ロシア
・スイス

 

アップデートされたGoogleのサポートページによれば、これでGoogle Play Music All Accessが利用可能な国は19ヶ国に拡大しました。

北米(1ヶ国):米国
ヨーロッパ(16ヶ国):オーストリア、ベルギー、フランス、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、ポルトガル、スペイン、英国、チェコ、フィンランド、ハンガリー、リヒテンシュタイン、オランダ、ロシア、スイス
オセアニア(2ヶ国):オーストラリア、ニュージーランド

Googleの聴き放題音楽ストリーミング「Google Play Music All Access」、ヨーロッパ9ヶ国でサービス開始

Googleは新しいマーケットの先行ユーザー向けに、初月は無料、2ヶ月目は7.99ユーロにディスカウントされた月額料金を用意しています。11月15日後は通常の9.99ユーロに上がります。

5月に発表された定額制のGoogle Play Music All AccessはグーグルのアップルやAmazon, Spotifyなどに対抗するための音楽プラットフォームです。基本的には以下の3つの機能をAndroidスマホやタブレット向けに提供します。
・最大20000曲までクラウドにアップロード/保存できるデジタルロッカー
・Google Playから楽曲の購入
・1800万曲以上の音楽カタログをストリーミング再生

音楽ストリーミングサービスは競合ひしめくビジネスになりつつありますが、日本ではいつ頃開始するのでしょうか?

 

ソース
Google Play Music (And All Access) Live In Czech Republic, Finland, Hungary, Liechtenstein, Netherlands, Russia, And Switzerland(9/30 Android Police)

関連記事  音楽ストリーミング「Rdio」がパーソナライズド・ラジオ機能「Stations」を発表。ソーシャルミュージックで変わる音楽との出会い方
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ