Skype設立者が始めたアメリカ発の音楽ストリーミングサービスのRdioが、モバイルアプリで無料のパーソナライズド・ラジオを開始しました。

Rdioの新サービスは、米国で人気の高い2つのサービス、「Spotify」と「Pandora」、そして9月に開始されたアップルの無料音楽ストリーミングサービス「iTunes Radio」との競争で、より多くのリスナーを獲得するための手段になります。新しい無料ラジオ機能はiOSとAndroid両方で提供開始になります。

Rdioはこれまでもラジオ機能を提供してきました。しかしこの機能が利用できたのは、プレミアムプランを支払う有料会員のみに限定されていました。今回のサービス拡張で、オンデマンドの音楽ストリーミングに加えて、好きな音楽が自動でレコメンドされるラジオサービスも楽しめます。

音楽ストリーミングサービスRdio、Echo Nestの技術でアルバム、プレイリスト単位のパーソナライズド・レコメンデーション機能を提供開始

Rdioはまず無料 ラジオサービスを米国、カナダ、オーストラリアから開始します。
Rdioのラジオサービスは、様々な企業に音楽データベースと解析機能を提供するスタートアップ、Echo Nest (エコー・ネスト)の技術によって実現しています。

リスナーはRdioアプリに入って400以上のプリセットの音楽ステーションを選ぶか、好きなアーティスト、楽曲、アルバム、ジャンル、プレイリストをベースにした音楽ステーションを開始することで、アルゴリズムが自動で趣味思考に合った楽曲の自動再生を視聴できます。またRdioのラジオ機能はリスナー同士が音楽ステーションをシェアできるので、お気に入りのステーションを好きな人と共有して音楽を聴く楽しみ方ができます。

Rdioとは?

Rdioは2010年にSkypeの共同創業者の一人Janus Friisが立ち上げた音楽ストリーミングサービスで、サンフランシスコを拠点にしています。2000万曲以上の楽曲カタログにウェブ、モバイル、デジタル家電などから楽しめます。

現在Rdioは海外展開を急速に進めていて、世界31ヶ国でサービスを拡大しています。その中にはマレーシア、香港のアジアの国も含まれます。

Rdioは9月から、現役の大学生なら月額9.99ドルのプレミアムプランが4.99ドルになる特別キャンペーンを実施しています。アメリカの学生に限ったキャンペーンですが、新規ユーザーを獲得するための面白いマーケティングです。

Rdioは9月に入って全米最大規模のラジオ・ネットワークのCumulus Radio Groupと提携しました。この提携によってRdioは同社の広告販売をCumulusに委任できるため、競合のネットラジオPandoraに比べ、リソース的にもビジネス的にも今後大きな拡大が期待できます。

Rdio (Rdio)
https://www.facebook.com/rdio
Rdio ブログ

ソース
Schoolhouse Rock: 50% Student Discount on Rdio Unlimited(9/4 Rdio Blog)

関連記事  [インフォグラフィック] iPad 、スマートフォン、PCで読むオンライン新聞のユーザー特性をデバイス別、時間別に示してみました
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ