音楽ファンの間で高い人気を誇る、アメリカのオンライン音楽メディア「Pitchfork」が、モバイルアプリを立ち上げます。「Pitchfork Weekly」と呼ばれる新しいモバイルアプリは、11月中にiOS向けにローンチ予定で、その後2014年初めにAndroid向けに展開する予定です。

PitchforkはMashableとの取材の中で明らかにしました。Pitchfork Weeklyは、カバーストーリーやフィーチャーストーリー、拡張された画像やグラフィックなど、充実したコンテンツやデザインといったPitchforkの音楽メディアとしての強みにフォーカスを置き、読者がタブレットやモバイルデバイスでPitchforkを読みやすいように設計されています。

Pitchfork Weeklyは毎日流れ続ける音楽ニュースを追えない読者向けが、オンラインのコンテンツを音楽雑誌のようにオフラインでも体験できるようにデザインされています。モバイルアプリではレビュー、フィーチャー記事、コラム、オーディオなどハイライト記事の他に、Pitchfork TVからの特別動画やオリジナル・コンテンツ、アーカイブなどが用意されます。

またPitchfork Weeklyでは音楽情報や楽曲を紹介する編集スタッフによるポッドキャストも提供予定です。

Pitchfork Weeklyは当初、自動車ブランドのレクサスをスポンサーに開始する予定です。

モバイル・アプリはデジタル・エージェンシーの「Stinkdigital」とのコラボレーションで制作されました。Stinkdigitalはグーグルの「Project Loon」のローンチを手がけるなど、インタラクティブ/デジタルの分野で定評あるエージェンシーです。

ソース
Introducing Pitchfork Weekly, Our New App(11/5 Pitchfork)
Pitchfork to Launch Magazine-Style App ‘Pitchfork Weekly’(11/5 Mashable)

関連記事  Amazon, 史上最も売れた音楽ランキングを発表、2013年のランキングも発表
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ