livenation-logo-a-l

世界最大の音楽プロモーション企業ライブ・ネイションは、クリエイティブマンが所有する「ライブ・ネイション・ジャパン」の株式を取得し、完全子会社化することを発表しました。

2012年2月にクリエイティブマンとライブ・ネイションが共同出資で「ライブ・ネイション・ジャパン」を設立し、代表の竹下フランク氏のもと、レディー・ガガやNickelback、Infinite、赤西仁などアーティストの日本公演を展開していました。またこれまでPerfume、Vampsなど日本人アーティストを北米やヨーロッパ市場に輸出してきました。

LIVE NATION JAPAN設立に関するお知らせ   CREATIVEMAN PRODUCTIONS

ライブ・ネイションの国際・新興市場担当社長のアラン・リッジウェイ(Alan Ridgeway)は、

グローバル・ネットワークを継続して拡大する中、ライブ・ネイション・ジャパンを子会社化するという決断に至りました。今後も幾つかのプロジェクトを共同で行うことが予想されますが、今後はライブ・ネイションが望む独自の領域を進み、様々なナートナーと組むことが可能になります。

とプレスリリースで答えています。

竹下フランク氏は今後ライブ・ネイション・ジャパンのマネージング・ディレクターを務めます。

コメントにあるように「パートナーと組むことができる」という言葉が気になりますね。日本のフェスやライブは現在日本企業によって運営されていますが、ライブ・ネイションは今後どのような形で日本市場に進出してくるのでしょうか。

ソース
Live Nation
Live Nation Entertainment Acquires Minority Stake, Assumes Sole Ownership of Live Nation Japan(4/17 Billboard)

関連記事  マドンナも支援するYouTube最大のダンス専門ネットワーク「 DanceOn 」、400万ドルの投資獲得。コンテンツ拡充とクリエイター支援を強化
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ