LINEMusic01

LINEが今日開催されたイベント「LINE CONFERENCE Tokyo 2014」で新たにサブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」を開始すると発表、同時にソニーミュージックとAvex GroupとLINEで組んだ新会社LINE MUSIC株式会社(仮)を設立することを発表しました。

新サービスの開始時期は発表されませんでしたが、後日詳細について新たな発表があるとのことでした。新会社の設立は2014年10月を予定。

LINEMusic02

実際にLINE MUSICは2013年に発表されていました。しかし、LINEの舛田CSMOによれば、「カタログ」「価格帯」「ミュージックディスカバリー」「ビジネスモデル」の4領域でベストな音楽体験が提供できないと判断したために新しいビジネスの機会を模索してきたそうです。

LINEMusic07

LINEが目指す新しいサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスは、これまでの日本の音楽ビジネスの常識に新たな1ページと成る「全く新しい音楽体験」です。

LINEMusic04

発表されたのは、サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスを提供し運営するための新会社「LINE MUSIC株式会社」です。パートナーにソニーミュージックとエイベックス・デジタル株式会社が参画、音楽コンテンツやサービスの開発を進めていきます。

LINEMusic05

サービス開始の時期は現在は未定ですが、今後協議を進めて、後日詳細を発表していくそうです。

LINEMusic06

LINEに音楽コンテンツ事業が本格的に加わり、LINEのコミュニケーションプラットフォームでアーティストとファンをつなぐ接点が広がりました。

これまで日本ではなかなか定着できなかった、「サブスクリプション型音楽ストリーミングサービス」ですが、コミュニケーションのスタンダードの一つとなったLINEによって、より一般消費者にまで広がる可能性が増えました。LINEの参入によって、SpotifyやYouTube/グーグル、アップルなど今後海外の音楽企業が、日本の音楽市場への参入や活動を活発化し、日本の音楽市場が盛り上がり、ファンがアーティストとつながり、音楽を楽しむ文化が生まれることに期待したいと思います。

関連記事  音楽ストリーミングサービス「 Spotify 」、シリコンバレーで巨額の資金調達との噂
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ