iphone_lightning_audio

今年秋に発売が噂される「iPhone 7」で、これまで使われてきた3.5mmのイヤホンジャックが廃止されて、Lightningケーブルに置き換わる大きな仕様変更が騒がれています。9to5macが報じる最新情報によれば、アプルは買収したヘッドフォンブランド「Beats by Dre」製造メーカーのBeats Electronicsと協力して、新しいBluetoothイヤホンの開発を進めiPhone 7と同時に発表する計画があるとのことです。

Beatsとアップルが製造するイヤホンは、iPhone 7とは別売りになるプレミアム・オーディオ製品になる見込みです。設計面では、ケーブルの無いワイヤレス・イヤホンで、左右のイヤホン本体をつなぐケーブルも存在しない独立したデザインになるとのことです。このイヤホンはノイズキャンセリング機能を搭載し、電話通話やSiriにも対応できるそうです。

アップルはすでに「AirPods」の商標登録を申請済みで、これが新型イヤホンの名称になる可能性があります。

別の噂では、iPhone 7はLightningケーブル接続の新しいEarPodsが同梱される予定と言われています。Beatsとアップルが開発すると言われる新型Bluetoothイヤホンは、現在Beatsのワイヤレスヘッドフォンで使うmini-USBポートなど、ケーブル充電用のポートが存在しません。その代わりにイヤホンのケースとしても代用できるチャージャーが付属品として付いてくると報じられています。

2014年に開催された開発者向けのカンファレンス「WWDC」でアップルは、イヤホンジャックをLightningコネクタに置き換える規格を発表しました。Lightningケーブル接続するヘッドフィンは、Philips、JBLなど各メーカーがすでに販売を開始しています。

また次期iPhoneでは、Apple Musicでのオーディオ再生がハイレゾ音質に対応するとの噂があります。

現在iPhoneや多くのスマホで使用されているアナログ出力のヘッドフォンジャックではCD音質(アナログデータ)しか再生できませんが、Lightningケーブルを使うことで、192kHz/24ビット対応のDAC (デジタル・トゥー・アナログ・コンバーター)が採用可能となり高音質の音楽再生が実現することが期待されています。

ソース
Apple developing revamped, cord-free Beats with charging case ahead of iPhone 7(9to5Mac)

関連記事  Apple、噂される音楽ストリーミングサービスで大手レコード会社2社と契約が間近、今夏に日本を含む世界ローンチの可能性
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ