Facebookは世界最大の音楽出版社ソニー/ATVと複数年・マルチテリトリーに及ぶライセンス契約で合意したことを発表しました。これでFacebookは2017年末に締結したユニバーサルミュージック・グループとの契約に続き、FacebookとInstagram、Oculusで楽曲提供を合法で行い、ロイヤリティ収益を分配するクリエイターに有益な音楽ビジネス構築への動きが一気に加速しています。

ソニー/ATVは、エド・シーランやテイラー・スウィフト、ドレイク、ザ・チェインスモーカーズ、カニエ・ウェスト、ファレル・ウィリアムスから、マイケル・ジャクソン、ザ・ビートルズ、ボブ・ディランまで、300万曲以上の楽曲を管理する世界最大の音楽出版社です。

ユーザーはFacebookやInstagram、Oculusでソニー/ATVが著作権管理する楽曲を用いた動画投稿やコンテンツの共有が可能になり、ヒット曲や話題の曲を用いた投稿は、Facebookが注力する動画戦略の利用をさらに拡大すると見込まれます。

Facebookは投稿される動画やInstagramの投稿で使用された楽曲からのロイヤリティ収益は、作曲家やアーティス、レコード会社へ分配することを明らかにしています。プラットフォームからの収益分配は、アーティストや音楽業界にとって新たなマネタイズの場所となることに期待が高まりますね。

こうした動きは、近年Facebookが非難されてきた動画の著作権侵害問題を解決することとなります。Facebookではユーザーが勝手に投稿する動画が著作権に反した場合でも、投稿を取り下げる「テイクダウン」の管理が弱く、音楽業界やコンテンツ業界から指摘を受けてきたことが、ライセンス契約が決まらなかった理由の背景にあります。

Facebookはワーナーミュージックともライセンス契約で合意するだろうとVarietyはレポートしています。

関連記事:  Facebookの音楽戦略でカギを握る「動画」とYouTubeの存在。レコード会社に数億ドルを支払う準備をする理由

ソース
Facebook and Sony/ATV Music Publishing Sign Licensing Agreement (Variety)
Sony/ATV and Facebook sign ground-breaking agreement

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ