これは、結成50周年を迎えたザ・ローリング・ストーンズが1963年から2007年までに行った21のツアーで回った都市と日付を可視化した、インタラクティブ・マップが公開されています。移動距離のボリューム感が分かりキャリアの長いアーティストだなと実感できます

【50 Years of concerts of The Rolling Stones】
http://vizzuality.github.com/rollingstonesmap/#/

50年の間に、数字にして1300回以上のライブ、移動距離にして60万マイル(約95万キロ以上)を世界に刻んでいる。

1994年のVoodoo Loungeツアー。日本にも来日している

圧巻は2005年の「A Bigger Bang」ツアー。2005年8月から2007年8月まで2年に渡り、欧州、北米、アジア、オセアニアを回り、音楽史上第二位のライブ収益を上げたツアーとなりました(一位はU2の「360 Tour」)。

今はこのマップは都市を結ぶ点だけになっています。ですが、今後はアーティストやマネジメント、更にはサードパーティとの連携が進み、写真や動画、トラックリスト、Spotify音源、または投稿機能などとも連携することが予想され、プロモーションツールとして、またはコミュニティサイトとして音楽ファンとのインタラクションがより深くなっていくでしょう。古くなった情報でもインタラクティブ性を持たせることで情報に変化が生まれ、結果ストーンズの歴史をより掘り進め、音楽の歴史を感じ取れる体験ができるのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
Infographic: Mapping 50 Years Of Rolling Stones Concerts (Co. Design)
関連記事  ユニバーサルミュージック出版部門がYouTubeネットワークとライセンス契約で合意、クリエーターはカバー曲からのマネタイズが実現
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ