13792_311290505656053_1069938206_n

デジタル音楽配信サービスの大手「TuneCore Japan」は、世界で聴き放題サービスを展開するサブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「スポティファイ」(Spotify)への配信を開始しました。

TUNECORE JAPAN2

TuneCore JapanではこれまでiTunes StoreやAmazon MP3ストア、music.jp、オリコンミュージックストアなどのダウンロードストアへ配信を開始していました。今回の契約によってTuneCoreを利用するアーティストは、音楽ストリーミングサービスへ配信できるだけでなく、米国やヨーロッパを含む世界30ヶ国以上への海外リスナーに向けて日本から楽曲を配信することが出来るようになりました。

スポティファイへの配信する場合も、これまでのTuneCoreの利用と変わらず、シングル楽曲が年間1480円から、アルバムは年間4980円からとなっています。追加料金はかかりません

スポティファイは無料から音楽が聴き放題できる定額制の音楽ストリーミングサービスです。ユーザーは無料または月額料金を払う有料サービスで、ウェブやスマートフォン、タブレット、デジタル家電などから2000万曲以上の音楽カタログを「いつでもどこでも」楽しむことができます。現在世界31ヶ国でサービスを展開し、アクティブユーザー数は2400万人以上、有料会員は600万人と、世界で最も成長している音楽サービスです。

 

これはいいですよ。気になるミュージシャンの方はTuneCore Japanにコンタクトしてみてください。

 

ソース
TUNECORE Japan、世界最大手の音楽聞き放題サービス「Spotify」に楽曲提供を開始!(9/5 TuneCore Japan)

関連記事  サービス名は「YouTube Music Pass」、噂されるYouTubeのサブスクリプション型音楽サービスの機能が明らかに
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事転載、配信、寄稿、お仕事のご質問は「お問い合わせ」またはTwitter, Facebookからお願いします。RSS購読、フォロー宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ