来年3月7日から16日にかけてテキサス州オースティンで開催される世界最大の音楽・映画・インタラクティブの祭典「 SXSW 2014 」(サウスバイ・サウスウェスト)。その中で11日から16日にかけて開催される音楽のカンファレンス「 SXSW Music 」の期間中に開催される、音楽ビジネス業界向けの公式パネル・セッションが発表されました。

パネルはSXSW独自の選出システム「Panel Picker」を使って一般者が投票した中から、85のパネルが選出されました。パネルでは、ミュージシャンのマネジメントやプロモーション、新人発掘などレコード会社やマネジメントに関連する内容から、DIYアーティスト向けのパネルや、著作権やロイヤリティの議論もあります。さらに音楽ストリーミングサービスの話や、クラウド、モバイルなどのテクノロジーよりのパネル、メディアについてのパネル、音楽マーケティングのパネル、ツアービジネスのパネルなど、音楽ビジネスに関心のある人なら必ず見たくなるようなセッションばかりです。

もし来年3月にSXSWへ参加する方がいらしたら、こちらのリストで自分の興味あるパネルをチェックしてみてください。

このブログでは随時SXSWの情報を更新してお届けしていきますので、お楽しみに。(カッコの中は、各パネルのオーガナイザーの名前と所属です。各パネルの参加するパネリストは変更する可能性があります。)

関連記事  アナログレコードの売上が745%増加した! Amazon音楽ストアの動向を示したインフォグラフィック

ソース
SXSW Music Conference Announces First Round of Programming for 2014!(10/16 SXSW)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ