聴き放題のサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスの「 Spotify 」(スポティファイ)は、ミュージシャン向けD2Fサービスの「Topspin」と、オンラインコンサート情報サービスの「Songkick」と提携して、ウェブサイト、デスクトップ・アプリ、モバイル・アプリ内でアーティストがグッズやチケット販売できる機能を無料で提供します。

グッズやチケット売上は全てアーティストの収入となり、Spotifyは売上からのパーセントを徴収しません。Spotifyは、アーティスト向けにロイヤリティ料の支払い計算や、ビジネスモデルを説明したサイト「Spotify Artist」でこの機能を発表しています。

ミュージシャンに見て欲しい!音楽ストリーミング「 Spotify 」、支払う楽曲使用料の仕組みを説明するサイトをオープン

Topspinのグッズ販売は、今後導入が予定され、ファンはアーティストページでグッズを探し購入することが可能になります。この機能を使うにはTopspinの「ArtistLink」に事前登録する必要があります。すでにArtistLinkに登録済み、使用しているアーティストには今後詳細が送られます。

Spotifyのデスクトップとモバイル・アプリ内には、すでにSongkickのデータを元にしたコンサート情報が表示されており、アーティストのライブ情報をクリックするとチケットも購入できるオプションも表示されます。

今回の新機能は、Spotifyによる「楽曲使用料からの収益以外でアーティストの収入源確保を支援する」取り組みになります。

Use ArtistLink to Promote your Merch on Spotify(12/2 Topspin blog)

Discover more concerts with Songkick & Spotify(10/7 Songkick blog)

関連記事  デジタル音楽が購入できる自動販売機がアメリカでスタート!(動画)
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ