20140207-091910.jpg

アメリカの電気自動車メーカー大手のテスラ・モーターズは、サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスRdioと提携し、ヨーロッパ向けにデフォルトで搭載されるダッシュボード音楽サービスでRdioを導入することを発表しました。テスラのCEO、イーロン・マスクがオランダのアムステルダムで行われた社内ミーティングで明らかにしました。

20140207-091748.jpg

今後テスラユーザーは、ダッシュボードからRdioの2000万曲以上の楽曲カタログにアクセスができます。テスラは米国内ではすでにSlackerと提携し車内音楽サービスを提供しています。

20140207-092424.jpg

なぜSpotifyではなく、Rdioと提携したのかについてマスクは

Spotifyは素晴らしいオプションです。Bluetoothで再生ができますしね。当初、Spotifyは私達との車載連携を実現しませんでした。しかし長期的には、それも変わるかもしれません。

とコメントしています。従って今後Spotifyがテスラと組み、車内エンターテイメントで連携する可能性も高まります。

イーロン・マスクのミーティングでのスピーチはこちらの動画でご覧いただけますよ。Rdioの連携については8:35から。

Rdio teams up with Tesla for its first automotive integration(2/7 GigaOM)

関連記事  グーグルが独立系デジタル音楽出版の最大手「Kobalt」に投資、データ重視の独自システムが強み
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ