new-itunes

アップルのiTunesストアでの音楽ダウンロード売上が2014年に入って14%減少していることが先日話題になりましたが、アップルも音楽売上減少の事実を認めました。

アップルが米証券取引審議会に提出した2014年度アニュアルレポートでは、音楽ダウンロードについて次のように記載されています。

iTunesストアにおける純売上高の成長は、展開するiOSデバイスの継続的な増加、iOSアプリの提供規模拡大、およびアプリ内購入を含む、アプリ売上の増加によるものです。この売上成長は、デジタル音楽売上の減少を部分的に補完しています

iTunesストアでの音楽ダウンロード売上が低迷している事実は、これまでメディアやネットで騒がれてきたため、新しい発見ではありませんが、今回初めて世界最大の音楽販売元であるアップルが、この事実に触れたことはこれまでと異なります。

【関連記事】
アップルのiTunes音楽売上は2014年で14%ダウン。Beats MusicはiTunesの一部で2015年に再発進:WSJがレポート | All Digital Music

アップルなアニュアルレポートで、これまであまり発言してこなかった競合についても触れています。

我々のデジタルコンテンツサービスは、フリーのP2P型音楽/動画サービスなど独自のデジタル音楽やコンテンツおよびサービスを提供する企業による多大な競争に直面しています。

アメリカだけでもデジタル音楽売上は、1ー6月期だけでアルバムとシングルそれぞれが前年同期比11%、14%と二桁減少しています。

一方で、SpotifyやPandoraなどの音楽ストリーミングからの売上は28%急成長しています。

アップルが音楽ダウンロード・ビジネスで迷走して解決策を模索しているのは、30億ドルでBeatsを買収したことからも、アップルがダウンロード以外の方向性に可能性を見ていることを象徴しています。Beats買収時にアップルは、メディアからのiTunesの音楽売上が減少しているかどうかの質問にたいして明確な答えを出していませんでした。

最近では、アップルが2015年に定額制音楽配信Beats MusicをiTunesと連携させてリローンチさせるというレポートがありました。

しかし月額10ドル(もしくはアップルが期待する月額5ドル)の定額制音楽配信で、iTunes並に売上を出すことは、アカウント数5億人といわれるiTunesアカウントを持つアップルでも困難と思われます。すでに先行するPandoraやSpotifyの音楽ストリーミングサービスは、大きなユーザー規模を獲得して成長し続けていますが、未だに事業の黒字化は苦労しているのが現状です。今後も音楽ダウンロードを購入する数は減少すると予想される中、アップルはこれまでの常識を覆す低額の音楽ストリーミングサービスを開始するのか、それとも無料と有料のフリーミアム・モデルの音楽サービスを開始するのか、今後のアップルの音楽事業が騒がしくなりそうです。

ソース
Apple confirms decline in sales of iTunes digital music downloads (10/28 VentureBeat)
Apple reveals drop in sales of iTunes music (10/28 CNET)

関連記事  アップルとレコード会社、音楽ストリーミングのロイヤリティ料分配を巡って未だ交渉中。タイムラインはWWDC
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ